一期一会の語源・由来

一期一会の語源は、「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」といった、茶会の心得からである。
利休の弟子の山上宗二の『山上宗ニ記』に「一期に一度の会」とあり、ここから「一期一会」の語は茶道の言葉となった。
一般にも広く使われるようになったのは、江戸時代末期、井伊直弼が『茶湯一会集』において、自身の茶道の一番の心得として「一期一会」を用いたことからである。
「一期」と「一会」の由来をそれぞれ辿ると、「一期」は仏教用語で、人が生まれてから死ぬまでの間を意味する。
「一会」は主に法要などで、ひとつの集まりや会合を意味しており、ともに仏教と関係の深い言葉であることがわかる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「春彼岸」と「秋彼岸」の違い

  2. キウイフルーツの語源・由来

  3. 牛乳の栄養基礎知識

  4. 蟹文字の語源・由来

  5. ミズバショウの意味・別名・類語

  6. トウキの意味・別名・類語

  7. かしこの意味・類語・言い換え

  8. 極楽の語源・由来

  9. 宮城県の市区町名一覧

  10. キリンの種類

  1. ぶりっ子の意味・類語・言い換え

  2. 高崎市の意味・シンボル

  3. 走狗の意味・類語・言い換え

  4. なあなあの語源・由来

  5. 夜這いの語源・由来

  6. 西尾市の意味・別名・シンボル

  7. 五里霧中の意味・類語・言い換え

  8. 「なでる」「さする」「こする」の違い

  9. 指南の語源・由来

  10. スズメの意味・別名・類語

人気記事

  1. 各務原市の語源・由来

  2. 「ニホン」と「ニッポン」の違い

  3. 「検討」と「見当」の違い

  4. 北九州市の語源・由来

  5. 是非ともの語源・由来

  6. 「トナカイ」と「鹿」の違い

  7. 「戦争」「紛争」「内戦」の違い

TOP