七草粥の語源・由来

七草粥の風習は中国伝来のもので、平安中期頃に始まったとされる。
中国では「六日年越・七日正月」といわれ、七日がひとつの節目とされていた。
この七日は人を占う日「人日」といい、7種の菜を暖かい汁物にして食し邪気を避ける習慣があった。
日本では十五日の「小豆粥(あずきがゆ)」の影響により、室町時代以降、汁物から粥へと変わった。
小豆粥には、米、粟、麦、稗、黍、小豆、胡麻などが入れられた。
七草粥を「七種粥」と表記するのも、小豆粥の影響と考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. お駄賃の語源・由来

  2. 京都府の市区町村名一覧

  3. そうめんの語源・由来

  4. シンボルの語源・由来

  5. 死体と遺体の違い・使い分け

  6. 気さくの語源・由来

  7. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い

  8. 有卦に入るの語源・由来

  9. 新聞の語源・由来

  10. ただいまの語源・由来

  1. 潮吹きの語源・由来

  2. おじゃんの語源・由来

  3. やけどの語源・由来

  4. 玉蜀黍の花の意味・別名・類語

  5. オードパルファムの意味・類語・言い換え

  6. 生かすの意味

  7. 八面六臂の語源・由来

  8. 落花生の意味・別名・類語

  9. 噴飯ものの語源・由来

  10. シャンツァイの意味・別名・類語

人気記事

  1. 案外と意外と存外と思いの外の違い・使い分け

  2. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  3. パフェとサンデーの違い

  4. 進歩と進捗と進度の違い・使い分け

  5. 2月29日に生まれた人はいつ歳を取るか

  6. ベテランとエキスパートとスペシャリストの違い

  7. 凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)の違い

TOP