会釈の語源・由来

会釈は、仏教用語「和会通釈(わえつうしゃく)」の略である。
和会通釈とは、互いに矛盾するように見える教義を照らし合わせ、根本にある共通する真実の部分を明らかにして、ひとつにまとめていくことである。
これが、中世には「さまざまな状況を考慮する」という意味や、「儀礼にかなった態度をとる」「愛想よく応対する」という意味に転じた。
さらに、会釈は軽く頭を下げる仕草も意味するようになった。
お辞儀のように、会釈が頭を下げてする挨拶の意味になったのは、江戸時代になってからのことである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  2. アンケートの語源・由来

  3. 月々の意味・類語・言い換え

  4. もみあげの意味・別名・類語

  5. 羽子板の意味・別名・類語

  6. しょっちゅうの語源・由来

  7. おざなりとなおざりの違い・使い分け

  8. サッカーの語源・由来

  9. 実芭蕉の意味・別名・類語

  10. 面白いの語源・由来

  1. 素封家の語源・由来

  2. シソーラスの意味・類語・言い換え

  3. ハレンチの語源・由来

  4. 刺身の意味・類語・言い換え

  5. 感慨に浸るの意味・類語・言い換え

  6. ももひきの意味・類語・言い換え

  7. ところてんの語源・由来

  8. 順序と順番の違い

  9. セゾンの意味・類語・言い換え

  10. 雲泥の差の語源・由来

人気記事

  1. 風邪はなぜ「かかる」ではなく「ひく」というのか

  2. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  3. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  4. パンプスとハイヒールの違い

  5. するめとあたりめとさきいかの違い

  6. 十分(充分)と存分の違い・使い分け

  7. ヒラメとカレイの違い・見分け方

TOP