世話の語源・由来

世話は、「世間でよく言われる言いぐさ」「世俗の人が用いる話し言葉のこと」が本来の意味で、世間の人の話が原義となる。
転じて、「日常的なもの」「通俗的なもの」の意味となり、「世話物」「世話場」という言葉が生まれ、江戸時代からは「面倒を見る」の意味で用いられるようになった。
江戸末期の文献には、「だれがおまえはんの病気の世話をしますえ」とあるが、この「世話」は「せわしい」の「せわ」の下略と言われており、「世話」は当て字となる。
江戸中期には、形容動詞として「厄介なさま」「面倒なさま」を表すようになり、江戸末期には「世話が焼ける」という句も見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. サイコロの意味・別名・類語

  2. 絆の語源・由来

  3. かけがえのないの語源・由来

  4. イヌノフグリの語源・由来

  5. 「地獄」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 迎春の意味・類語・言い換え

  7. 陶器の意味・類語・言い換え

  8. 「髭」「鬚」「髯」の違い

  9. かまととの意味・類語・言い換え

  10. 衣の意味・類語・言い換え

  1. ホウボウの意味・別名・類語

  2. 関の山の意味・類語・言い換え

  3. あばよの語源・由来

  4. 豊田市の語源・由来

  5. 「拝啓」「謹啓」「前略」の違い

  6. 梨園の語源・由来

  7. 合口の語源・由来

  8. 餞の意味・類語・言い換え

  9. フクロウの種類

  10. 首ったけの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 摂氏の語源・由来

  2. キリンの語源・由来

  3. 「案外」「意外」「存外」「思いの外」の違い

  4. 「横」「隣」「そば」の違い

  5. カンパニーの語源・由来

  6. 山梨県の語源・由来

  7. 桔梗の語源・由来

TOP