カステラの栄養基礎知識

カステラの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、種類や仲間など、知っておきたいカステラの基礎知識。

カステラの特徴

カステラとは、鶏卵と砂糖を泡立てたものに小麦粉を加えた生地を型に入れ、オーブンで焼いた焼き菓子です。
スポンジ状のしっとりとした生地が特徴で、和菓子として親しまれています。
カステラの原型となる食べ物は、ポルトガルから長崎へ伝来したものですが、ポルトガルのお菓子ではありません。スペインのカスティーリャ地方の伝統菓子と言われています。
これは元々、保存用の固いパンでしたが、明治時代になり砂糖が手に入りやすくなったことで、水あめを使用するようになりました。そうすることで現在のしっとりしたカステラの生地が作れるようになり、どんどん日本に定着していきました。

カステラの栄養・効能

カステラの栄養成分はほとんどが炭水化物で、嗜好品に分類されます。

カステラの選び方

現在たくさんの種類のカステラがあり、チョコや抹茶を使用したアレンジカステラもあります。
カステラの底にザラメが敷いてあるのが長崎カステラの特徴です。ザラメの食感が好きであれば選ぶとよいでしょう。
カステラは贈答用として高級なものもあります。カット済みか否かでも選ぶことができるので、目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

カステラの保存方法

直射日光を避け、常温で保存するものが多いです。開封後は冷蔵庫で保存し、食べきれない場合は一切れずつラップで包み冷凍もできます。
しかし製品ごとに保存方法が異なるため、表示を確認しましょう。

カステラの種類や仲間

ベビーカステラ

鈴の形をした小さいカステラです。

シベリア

羊羹をカステラで挟んだお菓子です。

人形焼き

東京都人形町発祥と言われています。生地の材料はカステラと同じですが、カステラほどしっとりしておらず、中にあんこやカスタードが入っています。

台湾カステラ

台湾北部の淡水(ダンシュイ)という地域の菓子で、カステラよりも大きくフワフワとしています。
カステラという名前が使われていますが、材料にバターや牛乳を使用しており、厳密には日本のカステラと同じではありません。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 菜種梅雨の意味・類語・言い換え

  2. アマダイの意味・別名・類語

  3. 助六寿司の語源・由来

  4. 愛知県の語源・由来

  5. つみれの意味・類語・言い換え

  6. 取らぬ狸の皮算用の意味・類語・言い換え

  7. 市松模様の語源・由来

  8. 枚方市の語源・由来

  9. 恩赦の意味・類語・言い換え

  10. 「ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」「チャイ」の違い

  1. ずんだ餡の意味・別名・類語

  2. 盆の窪の語源・由来

  3. 阿南市の意味・シンボル

  4. しらばくれるの意味・類語・言い換え

  5. 痣の語源・由来

  6. ゴシップの語源・由来

  7. 手前味噌の語源・由来

  8. 亥の意味・類語・言い換え

  9. 「上演」と「公演」の違い

  10. 午(午年)の語源・由来

人気記事

  1. たまさかの語源・由来

  2. にんじんの栄養基礎知識

  3. 津市の語源・由来

  4. ヤモリの語源・由来

  5. フーテンの語源・由来

  6. おぼつかないの語源・由来

  7. サンドイッチの語源・由来

TOP