牛タンの栄養基礎知識

牛タンの特徴、栄養・効能、選び方、加工品など、知っておきたい牛タンの基礎知識。

牛タンの特徴

牛タンとは牛の舌の部分のことで、1頭の牛から1〜2kg取れます。
タン先はスジっぽく筋肉質なのでかたいですが、根元に近いタン元は脂肪が多く霜降り状でやわらかいです。
表面の皮はかたくて食用には向かないので、最近は皮をむいたものが販売されています。
牛タンはスライスして焼いたり、燻製にするほか、煮込むとやわらかくなる性質があるためシチューやカレーにも使われます。

牛タンの栄養・効能

脂質やタンパク質、ビタミンB2、鉄分が豊富に含まれています。

牛タンの選び方

牛タンは赤色が濃いものよりも、少し薄い鮮紅色のものを選びます。
味付けしていないのに茶色や灰色になっているものや、薄い血のように見える水分が多く出ているものは、鮮度が落ちている証拠なので避けましょう。

牛タンの加工品

スモークタン、牛タンジャーキー。

出典:食品食材栄養事典

TOP