ビワの語源・由来

ビワが初めて文献に登場するのは、2世紀頃に書かれた中国の語学書『釈名』で、「推手前日批、引手却日把」とある。
これは、枇杷の「批(琵)」と「把(琶)」の意味が演奏方法にあることを述べたもので、元々は楽器の琵琶が「枇杷」と表記されていたことがわかる文献である。
植物のビワが「枇杷」と表記されるのは3~4世紀ほど後のことで、ビワの栽培が盛んになり始めた頃と通じ、ビワの形が楽器の琵琶と似ていることから付いた名と考えられる。
ビワの葉の形が琵琶に似ているとも言われるが、形が似ているのは葉ではなく実である。
その他、ビワの語源には「ヒロハ(広葉)」の意味とする説もあるが、「ビハ(ビワの歴史的仮名)」が和語と誤解されていたため生まれた説なので間違いである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 烏合の衆の語源・由来

  2. 思うと想うの違い・使い分け

  3. いびきの語源・由来

  4. イチボの語源・由来

  5. 蚊の語源・由来

  6. でんでんむしの語源・由来

  7. 伯母と叔母と小母の違い

  8. BSとCSの違い

  9. がむしゃらの語源・由来

  10. よだれの語源・由来

  1. うるかの栄養基礎知識

  2. セミの種類

  3. ひとしおの意味・類語・言い換え

  4. 月の語源・由来

  5. 油と脂と膏の違い・使い分け

  6. ことわざの語源・由来

  7. モグラの意味・別名・類語

  8. ゆっくりの意味・類語・言い換え

  9. 文披月の語源・由来

  10. 節分の語源・由来

人気記事

  1. 基準と標準と水準の違い・使い分け

  2. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  3. 煎茶と玉露と抹茶と番茶とほうじ茶と玄米茶の違い

  4. 初めと始めの違い・使い分け

  5. 芳香剤と消臭剤と脱臭剤の違い

  6. 戦争と紛争と内戦の違い

  7. 投資と投機の違い・使い分け

TOP