卵白の栄養基礎知識

卵白の栄養・効能、注意点、加工品など、知っておきたい卵白の基礎知識。

卵白の栄養・効能

卵白は約90%が水分ですが、残りの約10%には良質なタンパク質を含んでいます。
卵は卵黄と卵白に分けられますが、卵黄のカロリーが387kcalあるのに対し、卵白は47kcalと低カロリーで低脂質。脂質の代謝に欠かせないビタミンB2も多く含むことから、ヘルシーでダイエットに最適な食品といわれています。
また、卵白にはリゾチームという酵素が含まれており、リゾチームは風邪の原因菌などを加水分解する働きがあります。

卵白の注意点

生の卵白にはアビジンというタンパク質が含まれていますが、ビタミンB群の一種であるビオチンは、アビジンと結合することで体内での吸収が阻害されます。
ビオチンを多くとることが目的であれば、生よりも加熱調理した方がよく、卵黄に多く含まれるビタミンなので、全卵を加熱調理すると効率よく摂取できます。

卵白の加工品

卵白を泡立てたメレンゲは、マシュマロやマカロン、淡雪などの菓子になります。
乾燥卵白は、ハムや麺類のつなぎに利用されます。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 豊平区の語源・由来

  2. 辰の意味・類語・言い換え

  3. ニシンの語源・由来

  4. ごまめの意味・別名・類語

  5. ペリーの黒船はなぜ黒かったのか

  6. 枕の語源・由来

  7. 青水無月の語源・由来

  8. 茶道で茶碗を回す理由

  9. 無駄の意味・類語・言い換え

  10. 棚から牡丹餅の意味・類語・言い換え

  1. 偕老同穴の語源・由来

  2. ブロマンスの意味・類語・言い換え

  3. ほくそ笑むの語源・由来

  4. おはようの語源・由来

  5. 朝飯前の語源・由来

  6. 沖縄県の市町村名一覧

  7. 昆布茶の栄養基礎知識

  8. トロンボーンの語源・由来

  9. グランピングの意味・別名・類語

  10. サクラ(おとり)の語源・由来

人気記事

  1. Tシャツの語源・由来

  2. 正念場の語源・由来

  3. 藤岡市の語源・由来

  4. 赤村の語源・由来

  5. 腐るの語源・由来

  6. 「想像」「空想」「夢想」「妄想」「幻想」の違い

  7. 「重症」と「重傷」の違い

TOP