卵白の栄養基礎知識

卵白の栄養・効能、注意点、加工品など、知っておきたい卵白の基礎知識。

卵白の栄養・効能

卵白は約90%が水分ですが、残りの約10%には良質なタンパク質を含んでいます。
卵は卵黄と卵白に分けられますが、卵黄のカロリーが387kcalあるのに対し、卵白は47kcalと低カロリーで低脂質。脂質の代謝に欠かせないビタミンB2も多く含むことから、ヘルシーでダイエットに最適な食品といわれています。
また、卵白にはリゾチームという酵素が含まれており、リゾチームは風邪の原因菌などを加水分解する働きがあります。

卵白の注意点

生の卵白にはアビジンというタンパク質が含まれていますが、ビタミンB群の一種であるビオチンは、アビジンと結合することで体内での吸収が阻害されます。
ビオチンを多くとることが目的であれば、生よりも加熱調理した方がよく、卵黄に多く含まれるビタミンなので、全卵を加熱調理すると効率よく摂取できます。

卵白の加工品

卵白を泡立てたメレンゲは、マシュマロやマカロン、淡雪などの菓子になります。
乾燥卵白は、ハムや麺類のつなぎに利用されます。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 焼きが回るの語源・由来

  2. 桃の語源・由来

  3. 無茶苦茶の語源・由来

  4. モグラの種類

  5. 学ランの語源・由来

  6. きな臭いの語源・由来

  7. 京都府の語源・由来

  8. 注意報と警報と特別警報の違い

  9. じゃじゃ馬の語源・由来

  10. 南無三の語源・由来

  1. 菊の意味・別名・類語

  2. 道楽者の意味・類語・言い換え

  3. 植毛の意味・類語・言い換え

  4. 獅子の語源・由来

  5. 十分と充分の違い・使い分け

  6. パッチの語源・由来

  7. 回復と快復の違い・使い分け

  8. 知音の語源・由来

  9. おざなりの意味・類語・言い換え

  10. ジュニパーの語源・由来

人気記事

  1. 数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形の由来

  2. 切符ときっぷの違い

  3. カレーうどんとカレー南蛮の違い

  4. カフェと喫茶店の違い・使い分け

  5. 問題と課題の違い

  6. 飲むと呑むの違い

  7. チョコレートとショコラの違い

TOP