違うと異なるの違い・使い分け


違うと異なるは、ある物事が他の物事と同じではないことを意味する点では共通するが、まったく同じように使えるわけではない。

「色が違う」と「色が異なる」、「事実と違う」と「事実と異なる」などは、どちらを使っても間違いではないが、「違う」は一般的に使われる語であるのに対し、「異なる」は文章語的であるため「違う」に比べてやや硬い表現となる。
学問の分野、特に数学では「異なる2本の線が交差する……」など、「違う」よりも「異なる」を使うことが多い。

「違い」を含む言葉には「間違い」「勘違い」「場違い」「お門違い」などがあるように、「違う」は比較する対象が二者間、三者間だけでなく、正しいもの、基準となるもの、一般的なものとの比較にも使われる。
そのため、「違う」は正しくない、隔たりがあるといった意味も持っている。

たとえば、「答えが違う」と「答えが異なる」は、(AとBの)答えが同じではないという意味だが、「答えが違う」は答えが間違っている、正解ではないという意味でも使える。
「性能が違う」と「性能が異なる」は、(AとBを比較して)性能が同じではないという意味だが、「性能が違う」は一般的な性能よりも優っている(劣っている)という意味でも使われる。

ただし、比較対象を明確にしている場合には「異なる」も使える。
不正解の意味の「答えが違う」は「正解と異なる」に言い換えでき、一般的な性能ではない意味の「性能が違う」は「一般的な性能とは異なる」のように言い換えることは可能である。


今見られている記事 ランダム
  1. 呉越同舟の語源・由来

  2. 一目置くの語源・由来

  3. 明鏡の意味・類語・言い換え

  4. 食材の意味・類語・言い換え

  5. 筆者と著者と作者の違い・使い分け

  6. 絞ると搾るの違い・使い分け

  7. モチベーションの意味・類語・言い換え

  8. 恋の語源・由来

  9. 遺跡と史跡の違い

  10. 富士山の意味・別名・類語

  1. 孤独の意味・類語・言い換え

  2. いたいけの意味・類語・言い換え

  3. 寝るの意味

  4. 畳の江戸間と京間と中京間と団地間の違い

  5. 暦の語源・由来

  6. 目の語源・由来

  7. 故郷の意味・類語・言い換え

  8. 鍋の語源・由来

  9. 炒り卵とスクランブルエッグの違い

  10. 羊頭狗肉の語源・由来

人気記事

  1. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  2. 警視庁と警察庁の違い

  3. 早いと速いの違い

  4. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  5. オペラとオペレッタとミュージカルの違い

  6. 茶道で茶碗を回す理由

  7. 幼稚園と保育園と保育所と託児所の違い

TOP