陶器と磁器の違い・見分け方


陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方法に違いがあるため性質も異なり、比較的簡単に見分けることもできる。

陶器は、主な原料に陶土(粘土)を使い、1100~1300度で焼いたもので、「土物」とも呼ばれる。
十分に焼きが締まらないため、磁器に比べて柔らかく吸水性があるが、普通は、光沢のある釉(うわぐすり)を施すため、水を通すことはない。
また、陶器は熱しにくく冷めにくい(熱伝導率が低い)という特徴がある。
日本の有名な陶器には、美濃焼、瀬戸焼、唐津焼、益子焼、信楽焼、萩焼、萬古焼、備前焼などがある。

磁器は、主な原料に陶石を粉砕した石粉を使い、1300度程度で焼いたもので、「石物」とも呼ばれる。
焼きが締まってガラス化しているため、吸水性はほとんどなく、陶器に比べて硬い。
また、磁器は熱しやすく冷めやすい(熱伝導率が高い)という特徴がある。
日本の有名な磁器には、有田焼(伊万里焼)、九谷焼、砥部焼などがある。

陶器と磁器の見分け方には、色合いや透明度、叩いた時の音、重さなどがある。
陶器よりも磁器の方が透明度が高く、淡い色で透かして光を通さなければ「陶器」、白い色で光を通せば「磁器」。
叩いた時に、鈍い音がすれば「陶器」、金属的な高い音がすれば「磁器」。
厚手で重いものが「陶器」、薄手で軽いものが「磁器」である。

今見られている記事 ランダム
  1. かいわれ大根の栄養基礎知識

  2. 楽しいと面白いの違い・使い分け

  3. 富有柿の語源・由来

  4. 白身魚の意味・類語・言い換え

  5. 霜月の意味・類語・言い換え

  6. ラックの意味・類語・言い換え

  7. アジトの意味・類語・言い換え

  8. 面白いの意味・類語・言い換え

  9. 自然の語源・由来

  10. 運命の意味・類語・言い換え

  1. 泉の語源・由来

  2. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  3. 納豆の種類

  4. 霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違い

  5. 預金と貯金と貯蓄の違い

  6. 世界初の輸血には羊の血が使われていた

  7. 跋扈の意味

  8. おちょこの底にある青い二重丸の名称と役割

  9. 方法の意味・類語・言い換え

  10. 留意と注意と用心の違い・使い分け

人気記事

  1. 修正と訂正の違い・使い分け

  2. トリと大トリの違い

  3. 自首と出頭の違い

  4. ふらふらとぶらぶらとぷらぷらの違い・使い分け

  5. なぜ空は青いのか

  6. 知識と知恵と見識の違い

  7. カヌーとカヤックの違い

TOP