盛岡市の語源・由来

盛岡の地は、元々「不来方(こずかた)」という地名であった。
江戸初期、藩主の南部利直が「不来方は心悪しき文字で縁起が悪い」として、城があった小高い岡から「森ヶ岡」や「森岡」と呼ぶようになった。
その後、「森」を「盛」に変え、「盛り上がり栄える岡」の意味で「盛岡」という佳名に変更したと言い伝えられている。

出典:語源由来辞典

TOP