アーモンドとピーナッツの違い


アーモンドとピーナッツ(ピーナツ)は、食用とする植物の実という点では共通するが、ナッツ類とナッツ類でないものという違いがある。

「ナッツ」というのは、食用になる木の実のこと。
ピーナッツは名前に「ナッツ」が入っているため、ナッツ類として扱われることも多いが、厳密にいえばピーナッツはナッツ類ではない。

アーモンドはバラ科の木で、そこから採った実なので、ナッツ類に含まれる。
しかし、ピーナッツは「落花生」というマメ科の草の実で、ナッツ類ではなく「豆」なのである。

今見られている記事 ランダム
  1. 月毎の意味・類語・言い換え

  2. 海胆と海栗と雲丹の違い

  3. 台風の大型・超大型・強い・非常に強い・猛烈の違い・呼び分け方

  4. 楽屋の意味・類語・言い換え

  5. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  6. うどの栄養基礎知識

  7. おでんの語源・由来

  8. しその栄養基礎知識

  9. 徳利の語源・由来

  10. スポーツの意味・類語・言い換え

  1. 怖いの語源・由来

  2. パスタの種類

  3. 相棒の意味・類語・言い換え

  4. デリカの意味・類語・言い換え

  5. 腑に落ちないの語源・由来

  6. 自身の意味・類語・言い換え

  7. 目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

  8. 盆と正月が一緒に来たようの意味・類語・言い換え

  9. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  10. 長崎県の語源・由来

人気記事

  1. 伺うと窺うの違い・使い分け

  2. 預金と貯金と貯蓄の違い

  3. 干支と十二支の違い

  4. 初夏と立夏と孟夏の違い

  5. かまくらの中が暖かい3つの理由

  6. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  7. 着物と浴衣の違い

TOP