アーモンドとピーナッツの違い


アーモンドとピーナッツ(ピーナツ)は、食用とする植物の実という点では共通するが、ナッツ類とナッツ類でないものという違いがある。

「ナッツ」というのは、食用になる木の実のこと。
ピーナッツは名前に「ナッツ」が入っているため、ナッツ類として扱われることも多いが、厳密にいえばピーナッツはナッツ類ではない。

アーモンドはバラ科の木で、そこから採った実なので、ナッツ類に含まれる。
しかし、ピーナッツは「落花生」というマメ科の草の実で、ナッツ類ではなく「豆」なのである。

今見られている記事 ランダム
  1. ヤジ(野次る)の語源・由来

  2. 過去にオリンピックが中止になった回数

  3. へそくりの語源・由来

  4. 氷の語源・由来

  5. 火の車の語源・由来

  6. 鮭の種類

  7. うなだれるの語源・由来

  8. 七草粥の語源・由来

  9. ウインナーの語源・由来

  10. タクシーとハイヤーの違い

  1. カナリアの語源・由来

  2. 商品と製品の違い・使い分け

  3. ジレンマの語源・由来

  4. 謝罪と陳謝と深謝の違い

  5. お払い箱の語源・由来

  6. クラシックの語源・由来

  7. ぐるの語源・由来

  8. やんちゃの語源・由来

  9. 七福神のプロフィール

  10. 焼くと炒めると炒るの違い

人気記事

  1. 降雪と積雪と着雪の違い

  2. カレーうどんとカレー南蛮の違い

  3. 目と眼の違い・使い分け

  4. 歌手と声楽家とシンガーの違い

  5. 伯母と叔母と小母の違い

  6. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  7. マンションとアパートの違い

TOP