「アーモンド」と「ピーナッツ」の違い

アーモンドとピーナッツ(ピーナツ)は、食用とする植物の実という点では共通するが、ナッツ類とナッツ類でないものという違いがある。

「ナッツ」というのは、食用になる木の実のこと。
ピーナッツは名前に「ナッツ」が入っているため、ナッツ類として扱われることも多いが、厳密にいえばピーナッツはナッツ類ではない。

アーモンドはバラ科の木で、そこから採った実なので、ナッツ類に含まれる。
しかし、ピーナッツは「落花生」というマメ科の草の実で、ナッツ類ではなく「豆」なのである。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 天幸の意味・類語・言い換え

  2. ふぐの種類

  3. 酒の語源・由来

  4. 自任の意味・類語・言い換え

  5. ロバの意味・別名・類語

  6. ショートケーキの意味・別名・類語

  7. れんこんの栄養基礎知識

  8. 昆布の語源・由来

  9. 墨田区の意味・シンボル

  10. 爪楊枝の意味・別名・類語

  1. 負けず嫌いの意味・類語・言い換え

  2. 鳥の語源・由来

  3. サイプレスの語源・由来

  4. 部屋の意味・類語・言い換え

  5. 「不倫」と「浮気」の違い

  6. 車海老の語源・由来

  7. スパゲッティの意味・類語・言い換え

  8. 進退窮まるの語源・由来

  9. 処女の語源・由来

  10. イナの意味・別名・類語

人気記事

  1. いちごの語源・由来

  2. キザの語源・由来

  3. かたいの語源・由来

  4. 長野市の語源・由来

  5. 「夏季」と「夏期」の違い

  6. 竹馬の友の語源・由来

  7. 「風邪」と「インフルエンザ」の違い

TOP