「からし」と「マスタード」の違い

おでんに使う「からし」も、ホットドッグに使う「マスタード」も、アブラナ科のカラシナの種が原料である。
しかし、からしは鼻にツーンとくる辛味があるが、マスタードはそれほど辛くない。
からしとマスタードで辛さに違いが出てくるのは、種の種類と作り方に違いがあるためである。

からしの原料になるのは、オリエンタルマスタード(和がらし)という品種の種で、辛味が強い。
マスタードの原料になるのは、イエローマスタード(洋がらし)とい品種の種で、からしに比べて、刺激が弱く、マイルドな辛味である。

オリエンタルマスタードとイエローマスタードシードで、辛味の強さが違うのは、粉にして水を加えた時に発生する「芥子油」の違いである。
オリエンタルマスタードは、「アリル芥子」という、辛味を強く感じる揮発性の高い成分が発生する。
イエローマスタードシードは、「ベンジル芥子油」という成分が発生するが、揮発性が弱く、辛味を弱く感じるのである。

からしは、粉末を水やお湯で練って作るため、辛さが強くなっている。
マスタードも水やお湯に漬けるが、酢が加えられる。
酢酸によって辛味を作る酵素が抑えられるため、更に、からしよりもマスタードの方が辛味が弱くなるのである。

また、からしとマスタードで辛さに違いがある理由は、からしは薬味(香辛料)として使うのに対し、マスタードはマヨネーズやケチャップと同じように、ソース的な役割で使うものだからである。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. イランイランの語源・由来

  2. コウイカの意味・別名・類語

  3. 人口に膾炙するの語源・由来

  4. 神奈川県の語源・由来

  5. ウルメイワシの語源・由来

  6. 賽銭の語源・由来

  7. ノルディックスキーの意味・類語・言い換え

  8. 重文の意味・類語・言い換え

  9. キャッサバでん粉の栄養基礎知識

  10. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」の違い

  1. トラの語源・由来

  2. 脚色の意味・類語・言い換え

  3. 脚光を浴びるの語源・由来

  4. 店屋物の語源・由来

  5. 差出がましいの意味・類語・言い換え

  6. 「聞く」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. サイレンの語源・由来

  8. ファビュラスの意味・類語・言い換え

  9. 阿波市の語源・由来

  10. モンゴウイカの語源・由来

人気記事

  1. カツオノエボシの語源・由来

  2. 口の語源・由来

  3. 唐辛子の栄養基礎知識

  4. おっぱいの語源・由来

  5. 京都府の語源・由来

  6. あけぼのの語源・由来

  7. 国分寺市の語源・由来

TOP