焼きが回るの語源・由来

焼きが回るの「焼き」は、刃物を作る際に行う「焼き入れ」のこと。
焼き入れは、刃物を堅く鍛えて丈夫にし、切れ味を良くするために必要なことだが、火が回り過ぎるとかえって刃がもろくなったり、切れ味が悪くなる。
そのように火が回り過ぎてしまうことを「焼きが回る」と言い、転じて、老いぼれることを意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 頭角を現すの語源・由来

  2. 猖獗を極めるの意味・類語・言い換え

  3. 反面教師の語源・由来

  4. 七夕の意味・別名・類語

  5. 「蛙」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. レトロの語源・由来

  7. ぎこちないの語源・由来

  8. サクラマスの語源・由来

  9. スイカの品種

  10. 「臭い」「匂い」「香り」の違い

  1. 「夢」と「希望」の違い

  2. 進捗の意味・類語・言い換え

  3. 国法の意味・類語・言い換え

  4. 稲の意味・別名・類語

  5. ハギの意味・別名・類語

  6. 市川市の意味・シンボル

  7. 番茶の意味・類語・言い換え

  8. 品川区の意味・シンボル

  9. 抹茶の意味・別名・類語

  10. 完璧の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」の違い

  2. 川崎市の語源・由来

  3. 「発見」と「発明」の違い

  4. 「降雪」「積雪」「着雪」の違い

  5. メダカの語源・由来

  6. 猪肉の栄養基礎知識

  7. 「シミュレーション」と「シュミレーション」の違い

TOP