「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の違い

戸籍は本籍地の市町村に置かれるもので、各人の本籍地・氏名・生年月日・父母・続柄・配偶者・子・養子縁組などが記載されている。
戸籍の証明として戸籍原本の写しを求められることがあるが、戸籍の写しには「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の二種類ある。

謄本の「謄」には「原本通りに写す」の意味があり、戸籍謄本は戸籍に入っている全員分の写し。
抄本の「抄」には「抜き書きする」の意味があり、戸籍抄本は戸籍の一部の人(通常一人分)の写しである。

戸籍以外に「登記簿謄本(抄本)」「訴訟記録の謄本(抄本)」なども、全部か一部かの違いで「謄本」と「抄本」が使い分けられている。

現在、多くの自治体では「戸籍謄本」を「戸籍全部事項証明書」、「戸籍抄本」を「戸籍個人事項証明書」と呼んでいるが、これらの名称の違いは、戸籍の管理の仕方の違いで、戸籍を紙で管理している自治体では、「戸籍謄本」「戸籍抄本」が正式名称。
戸籍を電子情報処理組織(コンピュータ)で管理している自治体では、「戸籍全部事項証明書」「戸籍個人事項証明書」が正式な名称となっている。

戸籍の写しを提出書類として求められる時、「戸籍謄本または抄本」「戸籍謄(抄)本」「戸籍原本の写し」などと書いてあり、どちらを取得すべきか迷うことがある。
発行する際の手数料は、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)も戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)も同額なので、金銭面でいえばどちらでも良い。
謄本であれば全員分記載されているため、抄本よりも謄本の方が間違いはない。
しかし、プライバシー保護の観点からすれば、必要な個人の分だけ提出した方が良いため、どちらでも良い場合は抄本を取得した方が良いといえる。

戸籍謄本でなければいけない場合と、戸籍抄本でも良い場合の違いは、基本的に、関係性の情報が必要なのか、個人の証明が必要なのかの違いである。
謄本の提出を求められるのは、相続手続き、本籍地以外で提出する婚姻届(自治体によっては抄本でも可)、転籍届など、関係性の情報が必要な場合。
抄本でも問題ないのは、パスポートの申請や資格取得など、個人の証明を必要としている場合である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. カメレオンの意味・別名・類語

  2. 「穴」と「孔」の違い

  3. 東久留米市の意味・シンボル

  4. ドーナツの種類

  5. 冒険の意味・類語・言い換え

  6. 神奈川県の語源・由来

  7. 台無しの意味・類語・言い換え

  8. 大垣市の意味・シンボル

  9. 軽井沢町の意味・シンボル

  10. 贔屓の意味・類語・言い換え

  1. 素人の語源・由来

  2. 脚光を浴びるの語源・由来

  3. おらの語源・由来

  4. ビリオネアの意味・類語・言い換え

  5. カンパチの意味・別名・類語

  6. いちごの意味・別名・類語

  7. 解答の意味・類語・言い換え

  8. キャラウェイの意味・別名・類語

  9. 「抗菌」「除菌」「殺菌」「滅菌」「消毒」の違い

  10. 晴天の意味

人気記事

  1. お足の語源・由来

  2. 旅の語源・由来

  3. 今年の語源・由来

  4. 柿の葉茶の栄養基礎知識

  5. マヨネーズの栄養基礎知識

  6. ツボクサの語源・由来

  7. 「記入」「記載」「記述」の違い

TOP