首相と内閣総理大臣と総裁の違い


日本の行政権の長を表す正式な呼称は「内閣総理大臣」。
「総理」や「総理大臣」は、「内閣総理大臣」の略称である。

「首相」は、「内閣総理大臣」の通称。
外務大臣を「外相(外務相)」、財務大臣を「財相(財務相)」と呼ぶように、「相」は「大臣」のことで、首相は「内閣の首席大臣」を表す。

法律上の正式名称は「内閣総理大臣」であるため、法令で「首相」を使うことはない。
しかし、「内閣総理大臣」は日本固有の官職名であるため、海外のメディアでは、英語で「Prime minister」、つまり「首相」と呼ばれる。
他の国にもそれぞれ固有の官職名があるが、議院内閣制をとっている国の政治の最高責任者を表す際は、基本的に「Prime minister(首相)」で、一般的な呼称はどちらかといえば、「内閣総理大臣」よりも「首相」の方である。

正式名称を必要としない場面では、「首相」に統一しても良さそうだが、新聞やニュースの文字では「首相」、ニュースの読みでは「総理大臣」や「総理」と使い分けられていることが多い。

「首相」と「総理大臣」「総理」で使い分けられている理由は、聞き間違いをなくすためである。
財務大臣を「財務相」、外務大臣を「外務相」と読んだ場合、「財務省」や「外務省」と区別がつかないことから、官僚の呼称は「大臣」で統一された。
それに合わせて「首相」も「総理大臣」や「総理」と呼ぶようになったことから、文字には一般的な「首相」を使い、読みには「総理大臣」や「総理」と使い分けられるようになったのである。

「総裁」も「首相」や「内閣総理大臣」と同義語に思われがちだが、「総裁」と「首相」「内閣総理大臣」は大きく異なる。
日本銀行のトップを「日銀総裁」と呼ぶように、「総裁」は組織や団体の長として全体を取りまとめる職務のことで、内閣に「総裁」という職名があるわけでない。
日本では自民党が政権を握っている期間が長く、自民党の党首名が「総裁」で、党首が内閣総理大臣を務めることが多かったことから、「総裁=内閣総理大臣」となり、「総理総裁」とも呼ばれたのである。
しかし、他の党の党首名は「総裁」とは限らないため、他党が第一党で過半数を獲得していたり、連立で過半数を獲得していれば、「総裁=内閣総理大臣」ではなくなる。
また、自民党が第一党で過半数を獲得していたとしても、内閣総理大臣は国会議員であればよく、党首がなる必要はないため、必ずしも、「総裁=内閣総理大臣」になるとは限らないのである。

今見られている記事 ランダム
  1. がんもどきの栄養基礎知識

  2. 結構の語源・由来

  3. 新潟市の語源・由来

  4. 川と河と河川の違い

  5. ハンチング帽とキャスケットとベレー帽の違い

  6. バス(乗り物)の語源・由来

  7. さつまいもの栄養基礎知識

  8. ラムネとサイダーとソーダの違い

  9. 嬉しいの語源・由来

  10. 木枯らしの語源・由来

  1. 亭主の語源・由来

  2. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  3. 唐辛子の栄養基礎知識

  4. 返ると帰ると還るの違い・使い分け

  5. 火中の栗を拾うの語源・由来

  6. 大阪府の市区町村名一覧

  7. 警視庁と警察庁の違い

  8. 企てるの意味・類語・言い換え

  9. ビスケットの意味・類語・言い換え

  10. 墓の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ハンチング帽とキャスケットとベレー帽の違い

  2. 暖かいと温かいの違い・使い分け

  3. 和牛と国産牛の違い

  4. チョッキとベストとジレの違い

  5. さつまいもを食べるとおならが出る理由とおならを防ぐ方法

  6. 緑色なのに黒板という理由

  7. タールとニコチンの違い

TOP