雹(ひょう)と霰(あられ)の違い


「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。
ひょうは直径5mm以上の大きなものをいい、あられは直径5mm未満のものをいう。
世界最大の雹は、1917年に現在の熊谷市に降った直径29.6cmのものとされている。

あられは、雪に近い「雪あられ」と、ひょうに近い「氷あられ」に区別される。
「氷あられ」は「ひょう」と同じ原理で発生する5mm未満のものであるが、「ひょう」と「雪あられ」では発生するメカニズムに違いがある。

ひょうは、積乱雲などの不安定な層の中でできた氷の塊が落ちてくるもの。
氷が雲の中で上昇と下降を繰り返し、溶けたり固まったりしているうちに、付着した水滴が凍結して大きな塊となり重くなる。
上昇気流がその重さを支え切れなくなって、氷の塊として降ってくるのが「ひょう」で、初夏から秋に多く、短時間に局地的に降る。

雪あられは、雪に少量の水滴が付着し落ちてくるもので、白色不透明で柔らかい。
気温が0度前後の初冬や早春に発生しやすく、降雪の前後に降ることが多い。

氷あられは、白色半透明か不透明な氷の粒で硬い。
気温が0度より高い時に積乱雲から降ってくるもので、夕立の降り始めにみられることが多い。


今見られている記事 ランダム
  1. スパゲッティの種類

  2. でたらめの語源・由来

  3. すだちの語源・由来

  4. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  5. スケッチの意味・類語・言い換え

  6. 妻の語源・由来

  7. 猫の意味・別名・類語

  8. 南京豆の語源・由来

  9. 面白いの意味・類語・言い換え

  10. 時機の意味・類語・言い換え

  1. 三社参りの意味・類語・言い換え

  2. うさぎの意味・別名・類語

  3. 飲むと呑むの違い

  4. 初詣の意味・類語・言い換え

  5. 馬耳東風の語源・由来

  6. 懐かしいの語源・由来

  7. 人魚の数え方と鬼の数え方の違い

  8. 診療所の意味・類語・言い換え

  9. 裸足と素足と生足の違い

  10. クレパスの語源・由来

人気記事

  1. からしとマスタードの違い

  2. 倉と蔵と庫の違い

  3. 関東雛と京雛の違い

  4. 目的と目標の違い・使い分け

  5. 膝裏のくぼんだ部分の名前

  6. クレヨンとクレパスの違い

  7. 足りないと足らないの違い

TOP