鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ)の違い・見分け方


鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。

一般的な分類としては、タカ科の中で比較的大きく、尾は短く、足が太い種類を「鷲」。
比較的小さく、足と尾が長く、翼が丸い種類を「鷹」と呼んでいる。
鷹の全長は50~60cmぐらい、鷲の全長は80~100cmぐらいが目安となる。

しかし、鷹と鷲を区別する際の大きさは、あくまでも目安で、鷲に分類されるカンムリワシは、全長55cm、翼開長約140cmと小さく、鷹に分類クマタカは、全長約75~80cm、翼開長約140~160cmと大きい。
ちなみに、鷹は英語で「hawk」、鷲は「eagle」だが、クマタカは「Mountain Hawk-Eagle」である。

鳶の大きさは鷹ぐらいだが、一番大きな特徴は、「ピーヒョロロロ」と鳴き、羽ばたかずに輪を描くように飛ぶことである。
鷹や鷲は多く生きた動物を捕食するのに対し、鳶は小動物や魚の死骸などを食べ、市街地に棲んでゴミも漁るため、「町の掃除屋」といった異名もある。
そのため、同じタカ科でも、鷹や鷲は高貴な印象、鳶は格下で意地汚い印象を持たれている。

今見られている記事 ランダム
  1. かいわれ大根の栄養基礎知識

  2. ひねるとねじるとよじるの違い・使い分け

  3. 戸惑うの意味・類語・言い換え

  4. アザラシの種類

  5. アケビの語源・由来

  6. 令辰の意味・類語・言い換え

  7. 邦人と日本人の違いの違い・使い分け

  8. 鏡開きの語源・由来

  9. だんごの語源・由来

  10. 未熟児と低出生体重児と早産児の違い

  1. ダイエットの語源・由来

  2. 傍若無人の語源・由来

  3. シソーラスの意味・類語・言い換え

  4. 桃の栄養基礎知識

  5. 蛇足の語源・由来

  6. 糠の語源・由来

  7. 花より団子の意味・類語・言い換え

  8. 春の七草の意味・類語・言い換え

  9. 利息の語源・由来

  10. おはぎとぼたもちとあんころもちの違い

人気記事

  1. 賞味期限と消費期限の違い

  2. 観賞と鑑賞の違い・使い分け

  3. ハイブリッドカーとエコカーの違い

  4. ジーンズの小さいポケットは何のためにあるか

  5. 十分(充分)と存分の違い・使い分け

  6. 病院と医院とクリニックと診療所の違い

  7. 容疑者と被疑者と被告人と犯人の違い

TOP