「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」の違い

鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。

一般的な分類としては、タカ科の中で比較的大きく、尾は短く、足が太い種類を「鷲」。
比較的小さく、足と尾が長く、翼が丸い種類を「鷹」と呼んでいる。
鷹の全長は50~60cmぐらい、鷲の全長は80~100cmぐらいが目安となる。

しかし、鷹と鷲を区別する際の大きさは、あくまでも目安で、鷲に分類されるカンムリワシは、全長55cm、翼開長約140cmと小さく、鷹に分類クマタカは、全長約75~80cm、翼開長約140~160cmと大きい。
ちなみに、鷹は英語で「hawk」、鷲は「eagle」だが、クマタカは「Mountain Hawk-Eagle」である。

鳶の大きさは鷹ぐらいだが、一番大きな特徴は、「ピーヒョロロロ」と鳴き、羽ばたかずに輪を描くように飛ぶことである。
鷹や鷲は多く生きた動物を捕食するのに対し、鳶は小動物や魚の死骸などを食べ、市街地に棲んでゴミも漁るため、「町の掃除屋」といった異名もある。
そのため、同じタカ科でも、鷹や鷲は高貴な印象、鳶は格下で意地汚い印象を持たれている。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 祝月の意味・類語・言い換え

  2. さくらんぼの意味・別名・類語

  3. 紅花の意味・別名・類語

  4. セリフの意味・類語・言い換え

  5. 静岡市の意味・シンボル

  6. つごもりの語源・由来

  7. 芋を洗うようの意味・類語・言い換え

  8. かまをかけるの語源・由来

  9. 故郷の意味・類語・言い換え

  10. マムシの語源・由来

  1. 「二期作」と「二毛作」の違い

  2. 「投資」と「投機」の違い

  3. 感慨多端の意味・類語・言い換え

  4. うつらうつらの語源・由来

  5. カリの意味・別名・類語

  6. 「ピーマン」と「パプリカ」の違い

  7. チワワの語源・由来

  8. 助六寿司の意味・別名・類語

  9. 五里霧中の語源・由来

  10. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」の違い

人気記事

  1. 棟梁の語源・由来

  2. のどの語源・由来

  3. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違い

  4. クッキー(Web)の語源・由来

  5. 卵の栄養基礎知識

  6. かんなの語源・由来

  7. 資本の語源・由来

TOP