「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」の違い

2021年5月に災害対策基本法が改正され、「避難勧告」は廃止となり「避難指示」に一本化されるなど、市町村が発令する避難情報が変わった。
市町村が発令する避難情報は、警戒レベル3の「高齢者等避難」、警戒レベル4の「避難指示」、警戒レベル5の「緊急安全確保」である。

高齢者等避難は「避難準備・高齢者等避難開始」からの改称で、高齢者など避難に時間を要する人は、支援者とともに危険な場所から避難を開始し、その他の人も避難の準備をすることが求められる。

避難指示は「避難指示(緊急)」と「避難勧告」に分けられていた警戒レベル4をまとめたもので、過去の重大な災害に匹敵する状況にあり、ただちに指定緊急避難場所へ移動するか、外出が危険な場合は屋内の安全な場所への避難が求められる。

緊急安全確保は、すでに災害が発生しているか、その可能性が極めて高い状況で、安全な避難が困難になっており、命の危険な状態にあることを意味する。

緊急安全確保の発令後に避難していては手遅れなので、すべての人が避難する必要があるのは、警戒レベル4の「避難指示」が発令された段階である。

出典:違いがわかる事典

TOP