干支と十二支の違い


今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と表現されるが、干支は十干と十二支を合わせた「十干十二支」の略なので、本来は誤りである。

十干は、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)。
十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)。

この十干と十二支を順に組み合わせ、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)というのが干支で、2016年であれば「丙申(ひのえざる)」、2017年であれば「丁酉(ひのととり)」が干支である。
干支には60の組み合わせがあり、一巡すると還暦になる。

干支の読みには、「えと」と「かんし」がある。
「えと」でも「かんし」でも十二支を表していなことに変わりはないが、十二支を表すのであれば、「干支」の音読「かんし」の方がまだ正しいといえる。

十干をよく見ると分かるが、「えと」は十干のことである。
十干は、五行(木・火・土・金・水)に、陽を表す「兄(え)」と陰を表す「弟(と)」を付けたもので、甲であれば「木の兄(きのえ)」、癸であれば「水の弟(みずのと)」を表す。
ここから、十干を「えと」と呼ぶようになり、干支も「えと」と読むようになっただけで、本来、「えと」に十二支は含まれていないのである。

ただし、現代では十干が使われることが少なく、干支といえば十二支、干支の読みは「えと」が一般的になっているため、「干支(えと)=十二支」でも間違いとは言えなくなっている。

今見られている記事 ランダム
  1. 忖度の意味・類語・言い換え

  2. デニムとジーンズとジーパンの違い

  3. 未熟児と低出生体重児と早産児の違い

  4. 浅ましいの語源・由来

  5. 塩の語源・由来

  6. イブの意味・類語・言い換え

  7. 音楽の意味・別名・類語

  8. 丸持ちの意味・類語・言い換え

  9. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い・使い分け

  10. 木偶の坊の語源・由来

  1. 関東雛と京雛の違い

  2. 男爵いもの語源・由来

  3. つまりの意味・類語・言い換え

  4. 利息の語源・由来

  5. アシカの語源・由来

  6. カフェラテの語源・由来

  7. 感心と関心の違い・使い分け

  8. たまごの意味・別名・類語

  9. 横と隣とそばの違い

  10. こたつの語源・由来

人気記事

  1. 専修学校と専門学校と各種学校の違い

  2. コンサートとリサイタルの違い・使い分け

  3. 避難準備情報と避難勧告と避難指示と避難命令の違い

  4. 精算と清算の違い・使い分け

  5. 電卓と電話でテンキーの並び順が違うのはなぜか

  6. 母体と母胎の違い

  7. タイの首都バンコクの正式名称は世界一長い

TOP