干支と十二支の違い


今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と表現されるが、干支は十干と十二支を合わせた「十干十二支」の略なので、本来は誤りである。

十干は、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)。
十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)。

この十干と十二支を順に組み合わせ、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)というのが干支で、2016年であれば「丙申(ひのえざる)」、2017年であれば「丁酉(ひのととり)」が干支である。
干支には60の組み合わせがあり、一巡すると還暦になる。

干支の読みには、「えと」と「かんし」がある。
「えと」でも「かんし」でも十二支を表していなことに変わりはないが、十二支を表すのであれば、「干支」の音読「かんし」の方がまだ正しいといえる。

十干をよく見ると分かるが、「えと」は十干のことである。
十干は、五行(木・火・土・金・水)に、陽を表す「兄(え)」と陰を表す「弟(と)」を付けたもので、甲であれば「木の兄(きのえ)」、癸であれば「水の弟(みずのと)」を表す。
ここから、十干を「えと」と呼ぶようになり、干支も「えと」と読むようになっただけで、本来、「えと」に十二支は含まれていないのである。

ただし、現代では十干が使われることが少なく、干支といえば十二支、干支の読みは「えと」が一般的になっているため、「干支(えと)=十二支」でも間違いとは言えなくなっている。


今見られている記事 ランダム
  1. 温泉と鉱泉の違い

  2. 郵便の語源・由来

  3. カフェオレの語源・由来

  4. まずいの語源・由来

  5. ふんだんの意味・類語・言い換え

  6. 寂しいの意味

  7. 同居の意味・類語・言い換え

  8. 鬱林の意味・類語・言い換え

  9. ゴールデンウィークの意味・類語・言い換え

  10. カフェの意味・別名・類語

  1. お猪口の意味・類語・言い換え

  2. 適量と適宜の違い

  3. くだらないの意味・類語・言い換え

  4. 恐ろしいと怖いとおっかないの違い

  5. 青天白日の意味

  6. ありきたりの意味・類語・言い換え

  7. マフラーの語源・由来

  8. 持丸の意味・類語・言い換え

  9. オレンジの意味・別名・類語

  10. あせもの語源・由来

人気記事

  1. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  2. 国立公園と国定公園と国営公園と国民公園の違い

  3. 母体と母胎の違い

  4. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

  5. 効果と効能の違い

  6. なぜ人間だけが言葉を話せるのか

  7. バカとアホの違い

TOP