干支と十二支の違い


今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と表現されるが、干支は十干と十二支を合わせた「十干十二支」の略なので、本来は誤りである。

十干は、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)。
十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)。

この十干と十二支を順に組み合わせ、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)というのが干支で、2016年であれば「丙申(ひのえざる)」、2017年であれば「丁酉(ひのととり)」が干支である。
干支には60の組み合わせがあり、一巡すると還暦になる。

干支の読みには、「えと」と「かんし」がある。
「えと」でも「かんし」でも十二支を表していなことに変わりはないが、十二支を表すのであれば、「干支」の音読「かんし」の方がまだ正しいといえる。

十干をよく見ると分かるが、「えと」は十干のことである。
十干は、五行(木・火・土・金・水)に、陽を表す「兄(え)」と陰を表す「弟(と)」を付けたもので、甲であれば「木の兄(きのえ)」、癸であれば「水の弟(みずのと)」を表す。
ここから、十干を「えと」と呼ぶようになり、干支も「えと」と読むようになっただけで、本来、「えと」に十二支は含まれていないのである。

ただし、現代では十干が使われることが少なく、干支といえば十二支、干支の読みは「えと」が一般的になっているため、「干支(えと)=十二支」でも間違いとは言えなくなっている。

今見られている記事 ランダム
  1. 温州みかんの語源・由来

  2. ジンギスカンの語源・由来

  3. かけがえのないの語源・由来

  4. 目の語源・由来

  5. ビュッフェとバイキングの違い

  6. 泥棒の語源・由来

  7. 馬の語源・由来

  8. 番茶の栄養基礎知識

  9. 岐阜県の語源・由来

  10. グランピングの語源・由来

  1. へちまの語源・由来

  2. パルファムの意味・類語・言い換え

  3. 足を洗うの語源・由来

  4. 令辰の意味・類語・言い換え

  5. サンダルの語源・由来

  6. センマイの語源・由来

  7. キリンの語源・由来

  8. 鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ)の違い・見分け方

  9. がらんどうの語源・由来

  10. デジタルの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 生かすと活かすの違い・使い分け

  2. 飛ぶと跳ぶと翔ぶの違い

  3. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  4. 甘いものは別腹の仕組み

  5. ボウリングのピンが9本から10本になった理由

  6. ズワイガニと松葉ガニと越前ガニの違い

  7. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い

TOP