「遺跡」と「史跡」の違い

遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所など、広い範囲で使われる言葉である。
遺跡に含まれる範囲は広いため、遺跡は日本全国に46万カ所以上あり、貝塚だけでも3千カ所以上、古墳や横穴墓は15万カ所以上あるといわれる。

史跡は、一般には、遺跡の中でも歴史的事件と関わりの深い場所や建物・遺構を指す。
文化財保護法では、一般に史跡と考えられるもののうち、特に歴史上・学術上価値が高いと認められ、保護が必要であると、国及び地方公共団体が指定したものを指す。
国の指定する史跡数は現在1,694件で、貝塚遺跡の数よりも少ない。

史跡の中でも、特に重要とみなされ、日本文化の象徴とされるものは、特別史跡に指定される。
日本の特別史跡は、現在61件指定されている。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」の違い

  2. 八朔の語源・由来

  3. 祝月の意味・類語・言い換え

  4. 合点の語源・由来

  5. 睦月の語源・由来

  6. ピーコートの意味・別名・類語

  7. 「交代」と「交替」の違い

  8. 水無月の語源・由来

  9. 「力士」と「関取」の違い

  10. バジルの意味・別名・類語

  1. 差し金の意味・類語・言い換え

  2. 盤寿の語源・由来

  3. 「死」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」の違い

  5. 尋常の語源・由来

  6. 幸せの語源・由来

  7. 第1回冬季オリンピック大会の正式名称は長くてややこしい

  8. スラッカーの意味・類語・言い換え

  9. 道路の意味・類語・言い換え

  10. 弁当の語源・由来

人気記事

  1. サクラソウの語源・由来

  2. 中井町の語源・由来

  3. 木っ端の火の語源・由来

  4. ちんちくりんの語源・由来

  5. カシの語源・由来

  6. 「ピーマン」と「パプリカ」の違い

  7. 知事の語源・由来

TOP