「褒める」と「誉める」の違い

「ほめる」の漢字には、「褒める」と「誉める」がある。
「褒める」は常用漢字で、「誉める」は常用漢字外の表記となるため、公用文・教科書・新聞などでは「褒める」が使われる。

「褒める」も「誉める」も意味は同じであるため、一般の文章ではどちらを使っても間違いないが、漢字の持つ意味で使い分けられることがある。

褒めるの「褒」は、よい行いに報いる返しをする意味から、相手の行いをほめる意味になっているため、「子供を褒める」など、評価してよしとする意味で「褒める」は用いられる。

誉めるの「誉」は、「名誉」や「栄誉」などに使われる漢字で「ほまれ」。
みんなに持て囃される、よい評判を得るという意味で、みんなで持ち上げてほめる意味から、高い評価を与えるの意味になっっているため、個人的な評価ではなく、勝利や受賞などの場面で「誉める」は用いられる。

このような違いから、「誉める」は目上の人にも目下の人に対しても使えるが、「褒める」を目上の人に対して使うのは失礼といわれることがある。
しかし、目上の人に対して使う「ほめる」が「評価する」という意味であれば、評価するという行為自体が失礼にあたり、「褒める」でも「誉める」でも失礼なことに変わりない。
陰で使われることはあっても、目上の人に対して直接使う言葉ではないため、使い分けるならば、個人的な評価であるか否かという点で考えたほうがよい。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. グロテスクの語源・由来

  2. 粗相の語源・由来

  3. そばぐりの語源・由来

  4. 漢字の語源・由来

  5. スペアリブの意味・別名・類語

  6. ネコヤナギの意味・別名・類語

  7. やにわにの語源・由来

  8. にやけるの語源・由来

  9. 日の御旗の意味・類語・言い換え

  10. 田楽の語源・由来

  1. 懐石料理の語源・由来

  2. 「言う」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 蜜柑の花の意味・類語・言い換え

  4. 当期の意味・類語・言い換え

  5. けんもほろろの語源・由来

  6. 情けは人の為ならずの語源・由来

  7. コールテンの語源・由来

  8. 呉服の語源・由来

  9. 腹違いの意味

  10. 福山市の意味・シンボル

人気記事

  1. カミナリイカの語源・由来

  2. 「復讐」「報復」「仕返し」の違い

  3. 顎足付きの語源・由来

  4. 手の語源・由来

  5. シビレの語源・由来

  6. ツバメの語源・由来

  7. 殺陣の語源・由来

TOP