心肺停止と死亡の違い


心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停止の判断は可能である。
心肺停止状態であっても、心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)、人工呼吸などで蘇生する可能性があるため、死亡状態とはいえない。
ただし、心臓が停止し脳に血液が行かなくなると、4~5分程度で脳は回復不可能な障害を受けるため、心肺停止状態になったら迅速な救命措置が必要となる。

日本では、心肺停止(心停止と呼吸停止)のほかに、脈拍停止と瞳孔散大の4つを確認し、医師が死亡を宣言しなければ「死亡」とはならず、医師以外の者が死亡を宣言することはできない。
事故や災害などで、明らかに死亡している人が発見された場合であっても、警察や消防では死亡の宣言ができない。
ニュースで伝えられる「心肺停止の状態」は、死亡しているだろうけれども、まだ医師の診断ができていない状態というのがほとんどである。

海外では、日本と同じ手順で死亡が確定するとは限らない。
そのため、日本のメディアが「心肺停止」と伝える状態を、海外のメディアでは「死亡」と伝えられていることも多い。


今見られている記事 ランダム
  1. 6月の意味・類語・言い換え

  2. 耐震と免震と制震と制振の違い

  3. カフェオレの意味・類語・言い換え

  4. 明鏡の意味・類語・言い換え

  5. 奨励金の意味・類語・言い換え

  6. 大漁と豊漁の違い・使い分け

  7. 発達の意味

  8. かっぱ巻きの語源・由来

  9. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  10. 重要文化財の意味・類語・言い換え

  1. 楽しいの意味・類語・言い換え

  2. 鑑賞の意味・類語・言い換え

  3. 山と丘の違い

  4. 感慨にふけるの意味・類語・言い換え

  5. ハリケーンの語源・由来

  6. 虻蜂取らずの意味・類語・言い換え

  7. 冷たいの意味・類語・言い換え

  8. 年始の意味・類語・言い換え

  9. そうめんの意味・別名・類語

  10. ハトの種類

人気記事

  1. ピーナッツと落花生と南京豆の違い

  2. 心配と不安と気がかりの違い・使い分け

  3. モツとホルモンの違い

  4. 羽と羽根の違い・使い分け

  5. 押さえると抑えるの違い・使い分け

  6. 晦日と大晦日の違い

  7. 森と林と森林の違い・使い分け

TOP