標高と海抜の違い


標高も海抜も、平均海面を基準とした土地の高さのこと。
主に、標高は山や土地の高さなど、地形を表す際に用いられ、海抜は津波や高潮災害などの対策の意味もあり、海に近い地域で用いられる。
また、「海抜0メートル地帯」とはいうが、「標高0メートル地帯」とはいわないように、「地帯」を伴う場合は「海抜」が用いられる。

日本では、東京湾の平均海面を基準にした高さを「標高」としているが、海は波の影響もあるため、実際には、国会前庭北地区にある日本水準原点で測量される。

海抜は、津波や高潮などの対策の目安となるため、本来は近海の平均海面を基準とすべきであるが、標高と海抜の基準が異なると不都合が生じることから、一部の離島を除いて、標高と同じ基準となっており、実質的には標高も海抜も同じである。

標高と海抜を同じにすることで、高さは統一されるが、近海の平均海面を基準としなければ、肝心な注意喚起としては使えない高さを表すことになる。
そのため、「海抜◯◯m」の後に「O.P.◯◯m」や「N.P.◯◯m」と小さく括弧書きをして、近海の平均海面からの高さを記載しているところもある(「O.P.」は大阪湾工事基準面、「N.P.」は名古屋港基準面のこと)。

今見られている記事 ランダム
  1. コリアンダーの語源・由来

  2. 判をつくの意味・類語・言い換え

  3. きんつばの意味・別名・類語

  4. 緑寿の意味・類語・言い換え

  5. 快適の意味・類語・言い換え

  6. 土用丑の日の意味・類語・言い換え

  7. 和牛と国産牛の違い

  8. 怠け者の意味・類語・言い換え

  9. 餃子の王将と大阪王将と餃子の王さまの違い

  10. 弁済と返済の違い

  1. 和服の意味・類語・言い換え

  2. 覚えるの語源・由来

  3. 皮と革と皮革の違い

  4. あんころ餅の語源・由来

  5. 当季の意味・類語・言い換え

  6. 能率と効率の違い・使い分け

  7. 無縫天衣の意味・類語・言い換え

  8. サービスの語源・由来

  9. 虻蜂取らずの語源・由来

  10. 尊邸の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  2. 冷蔵と冷凍と氷温とチルドとパーシャルの違い

  3. 根本的と抜本的の違い

  4. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  5. ダンクシュートのダンクの意味

  6. マナーとエチケットの違い

  7. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

TOP