「標高」と「海抜」の違い

標高も海抜も、平均海面を基準とした土地の高さのこと。
主に、標高は山や土地の高さなど、地形を表す際に用いられ、海抜は津波や高潮災害などの対策の意味もあり、海に近い地域で用いられる。
また、「海抜0メートル地帯」とは言うが、「標高0メートル地帯」とは言わないように、「地帯」を伴う場合は「海抜」が用いられる。

日本では、東京湾の平均海面を基準にした高さを「標高」としているが、海は波の影響もあるため、実際には、国会前庭北地区にある日本水準原点で測量される。

海抜は、津波や高潮などの対策の目安となるため、本来は近海の平均海面を基準とすべきであるが、標高と海抜の基準が異なると不都合が生じることから、一部の離島を除いて、標高と同じ基準となっており、実質的には標高も海抜も同じである。

標高と海抜を同じにすることで、高さは統一されるが、近海の平均海面を基準としなければ、肝心な注意喚起としては使えない高さを表すことになる。
そのため、「海抜◯◯m」の後に「O.P.◯◯m」や「N.P.◯◯m」と小さく括弧書きをして、近海の平均海面からの高さを記載しているところもある(「O.P.」は大阪湾工事基準面、「N.P.」は名古屋港基準面のこと)。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 矛盾の意味・類語・言い換え

  2. りんごの種類

  3. 小賢しいの意味・類語・言い換え

  4. 鳴り物入りの語源・由来

  5. としよりの日の意味・類語・言い換え

  6. クロユリの意味・別名・類語

  7. 金魚の語源・由来

  8. 反りが合わないの語源・由来

  9. お猪口の語源・由来

  10. こんにちはの意味・類語・言い換え

  1. 大きいの語源・由来

  2. いにしえの語源・由来

  3. 演説の語源・由来

  4. 麻婆豆腐の語源・由来

  5. シャクナゲの種類

  6. 島根県の意味・シンボル

  7. 唯々諾々の語源・由来

  8. タピオカの意味・別名・類語

  9. 雰囲気の語源・由来

  10. 建茗の意味

人気記事

  1. 火の車の語源・由来

  2. 「カカオ」と「ココア」の違い

  3. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」の違い

  4. 「チョコレート」と「ショコラ」の違い

  5. はばかるの語源・由来

  6. 「定規」と「ものさし」の違い

  7. 「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

TOP