マナーとエチケットの違い


マナーとエチケットを日本語に訳すと、どちらも「礼儀」や「作法」になるが、食事中のナイフやフォークの使い方は「テーブルマナー」といい、食事中に汚い話をしないことは「食事中のエチケット」というように、異なるニュアンスで使われる。
重複する点も多いため、「どちらかといえば」ということになるが、次のように使い分けされる。

エチケットは、人と接する時の言動・態度の意味で使うことが多く、対面している相手を不快にさせないといった、心配りの意味合いが強い。
人間が本来持っている、思いやりや優しさからくる気配りが、エチケットである。

マナーは、人に接する時の態度に限らず、行動一般に使われる言葉で、エチケットよりも広範囲に使われる。
規則というほど厳しいものではないが、社会的に望ましいとされる約束事に沿った言動や態度。
対個人というよりは社会性の問題で、伝統や習慣から生まれたルール・方法が、マナーである。


今見られている記事 ランダム
  1. パスタとスパゲッティの違い

  2. 疑心暗鬼の意味・類語・言い換え

  3. 運星の意味・類語・言い換え

  4. 自然と天然の違い

  5. 継母の意味

  6. 持丸長者の意味・類語・言い換え

  7. イルカの語源・由来

  8. 井戸の意味・類語・言い換え

  9. 食材の意味・類語・言い換え

  10. 夢の語源・由来

  1. 配偶者の意味・類語・言い換え

  2. 行政書士と司法書士の違い

  3. 猫の手も借りたいの意味・類語・言い換え

  4. のろまの語源・由来

  5. タクシーの意味・別名・類語

  6. 二年参りの意味・類語・言い換え

  7. 老人福祉週間の意味・類語・言い換え

  8. 自任の意味・類語・言い換え

  9. ズボンの種類

  10. 海抜の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  2. 夢と希望の違い・使い分け

  3. 時期と時季と時機の違い・使い分け

  4. 着物と浴衣の違い

  5. 海老と蝦の違い

  6. 絶対と絶体の違い・使い分け

  7. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

TOP