大御所の語源・由来

御所は天皇・上皇・三后・皇子などの住まいを意味し、大御所は親王の隠居所を意味していた。
のちに、隠居した将軍や将軍の隠居所も「大御所」と言うようになり、江戸時代には、徳川家康・家斉のことを指した。
現在のように、第一人者の意味で「大御所」が使われるようになったのは、昭和に入ってからである。

出典:語源由来辞典

TOP