「知識」「知恵」「見識」の違い

知識は、ある物事について知っていること。また、その内容。
学習や実験から得られた、誰もが事実として共有できるデータの集合体である。

知恵は、物事の道理を判断し、適切に処理する能力。
知識や経験を、必要な場面に応じて活用できる力で、知識よりも価値が高いものといわれることもあるが、知識のない知恵は役に立たず、多くの情報から必要な知識を得るには、取捨選択する知恵が必要になるため、どちらに価値があるというものではない。

見識は、物事の本質を深く見通す、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見、見方のこと。
知恵が知識などの情報を選んで判断するものとすれば、見識は知識などの情報の中から本質を捉えて判断することで、機転を利かせた判断には知恵が必要であり、人々を納得させるような判断をするには見識が必要である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 勘定の意味・類語・言い換え

  2. みどりごの語源・由来

  3. 生贄の語源・由来

  4. 土に灸の意味・類語・言い換え

  5. 冬期の意味・類語・言い換え

  6. 大つごもりの意味・別名・類語

  7. 上の空の語源・由来

  8. 馬耳東風の語源・由来

  9. 申年の意味・類語・言い換え

  10. 液晶テレビの意味・類語・言い換え

  1. ヤジ(野次る)の語源・由来

  2. けじめの語源・由来

  3. 出刃包丁の意味・別名・類語

  4. 予言の意味・類語・言い換え

  5. クジラの種類

  6. 恐竜の種類

  7. カエルの語源・由来

  8. 鮭の種類

  9. 陽炎の語源・由来

  10. 及ばぬ鯉の滝登りの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. サウスポーの語源・由来

  2. キンポウゲの語源・由来

  3. こじつけの語源・由来

  4. 豚バラ肉の栄養基礎知識

  5. 「科学」と「化学」の違い

  6. 「専務」と「常務」の違い

  7. ちり鍋の語源・由来

TOP