知識と知恵と見識の違い


知識は、ある物事について知っていること。また、その内容。
学習や実験から得られた、誰もが事実として共有できるデータの集合体である。

知恵は、物事の道理を判断し、適切に処理する能力。
知識や経験を、必要な場面に応じて活用できる力で、知識よりも価値が高いものといわれることもあるが、知識のない知恵は役に立たず、多くの情報から必要な知識を得るには、取捨選択する知恵が必要になるため、どちらに価値があるというものではない。

見識は、物事の本質を深く見通す、すぐれた判断力。ある物事に対する確かな考えや意見、見方のこと。
知恵が知識などの情報を選んで判断するものとすれば、見識は知識などの情報の中から本質を捉えて判断することで、機転を利かせた判断には知恵が必要であり、人々を納得させるような判断をするには見識が必要である。


今見られている記事 ランダム
  1. スパゲッティの語源・由来

  2. 魚の語源・由来

  3. プロ野球の意味

  4. せんべいとあられとおかきの違い

  5. 相撲の意味・類語・言い換え

  6. フクロウの語源・由来

  7. 交代と交替の違い・使い分け

  8. からしとマスタードの違い

  9. 下駄の語源・由来

  10. わびとさびの違い

  1. 看病と看護と介抱の違い・使い分け

  2. サインの意味・類語・言い換え

  3. 牧師の意味・類語・言い換え

  4. 樽と桶の違い

  5. 寒いと冷たいの違い・使い分け

  6. ニートの意味・別名・類語

  7. サイダーの語源・由来

  8. リクルートの意味・類語・言い換え

  9. 切磋琢磨の意味・類語・言い換え

  10. すいませんの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  2. 調理と料理の違い・使い分け

  3. 暑いと熱いの違い・使い分け

  4. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

  5. 寒いと冷たいの違い・使い分け

  6. 目的と目標の違い・使い分け

  7. 沖縄の道路が滑りやすい理由

TOP