「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の特徴と違い

「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」は身体活動の形態ですが、それぞれ異なる特性を持っています。

ウォーキングは、歩行を指す運動で、この動作では常に左右どちらかの足が地面に接しています。ウォーキングは低強度の有酸素運動で、健康維持や体力向上のために行われます。

ジョギングとランニングはどちらも走る動作を含む運動ですが、主な違いは走る速度にあります。ジョギングはゆったりとしたペースで走ることを指し、この際には呼吸が乱れることなく、会話をしながら走ることが可能です。

ランニングはジョギングより速いペースで走る活動で、より高い強度の有酸素運動を伴います。速度に関する一般的な基準としては、1キロメートルを5分以内に走ることが「ランニング」とされることがあります。

ウォーキングは低強度で安全な運動であり、ジョギングは中強度、ランニングは高強度の運動に分類されます。個々の体力レベルや目的に応じて選択しましょう。

参考:「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の違いとは

TOP
テキストのコピーはできません。