赤富士の別名・類語

赤富士の読み・別表記

あかふじ

赤富士の意味

富士山が朝日を受けて赤く色づいて見える現象。また、その富士山。晩夏から初秋の早朝に多く見える。画題となり、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の一つとしても知られる。《季 夏》

赤富士の別名・類語

紅富士/富嶽三十六景/富嶽図/富士山/ふじやま/富士の山/富士/不二/富嶽/芙蓉峰/蓬莱/士峰/時知らぬ山/初富士/五月富士/夏富士/逆さ富士/影富士/ダイヤモンド富士/パール富士/子抱き富士/左富士

TOP