イノシシ/猪(いのしし)の意味・類語…

猪の画像

【猪の意味】
① 偶蹄目イノシシ科の哺乳類。犬歯が発達し、下あごから上方へ突き出る。体毛は硬く暗褐色。山林原野に棲息し、夜行性で雑食。豚の原種で、肉は山鯨・牡丹と呼ばれ食用。《季 秋》
② 《札の裏面に猪が描かれていたことから》1899年から1917年にかけて発行され、1939年に通用停止となった10円紙幣の俗称。

【猪の類語】
豕/猪子/猪の子/猪(しし)/野猪(やちょ)/野猪(のじし)/野荒らし/猪(い)/さ猪/ももんじい/ももんじ/うり坊/うりんぼう/瓜子/まくわじし/イボイノシシ/ニホンイノシシ/リュウキュウイノシシ/カワイノシシ/アカカワイノシシ/ヤブイノシシ/モリイノシシ/バビルサ/イノブタ//ペッカリー/射掛猪/手負い猪/板猪/有害鳥獣/狩猟鳥獣
② イノシシ札/裏猪10円/兌換券10円/10円札/10円紙幣/10円

【猪の同音異義語】

【猪をさらに詳しく】
「いのしし」の語源・由来
「猪」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

【猪の関連項目】

亥年

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る