三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

三階の正しい読み方

最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は「さんがい」です。
現在でも「さんかい」という発音に違和感を持つ人は多く、ニュースなどでは「さんがい」と読まれています。

三階を「さんがい」と読む理由

一階は「いっかい」、二階は「にかい」なのに、三階だけが「がい」となるのは、日本語では「ん」の後ろが濁る傾向にあるためです。
何階も「なんかい」ではなく「なんがい」と読みます。
他にも、三杯や何杯は「さんばい」「なんばい」、三千や何千は、「さんぜん」「なんぜん」というように、「ん」の後ろは濁した発音になります。

なぜ四階は「よんがい」ではないのか

四階も「ん」の後ろに「かい」がくるので、先のルールに従えば「よんがい」と読みそうですが、「よんかい」と読みます。
四階が濁らないのは、元々の読みが「しかい」であったためです。
「し」は「死」を連想させるため、「よ」や「よん」と発音されるようになりました。
四階は「しかい」と発音していたものが変わっただけなので、「よんかい」と濁らず読まれているのです。

三回を「さんかい」、何回を「なんかい」と読む理由

三階が「さんがい」、何階が「なんがい」であれば、三回や何回も「がい」と濁るはずですが、三回は「さんかい」、何回は「なんかい」と読みます。
三回や何回が濁らない理由は、「ん」の後ろは濁るというのが、あくまでも傾向にあるというだけで、必ず濁るとは限らないためです。
傾向に沿ったのが「三階」や「何階」、傾向に沿わなかったのが「三回」や「何回」なのです。

今見られている記事 ランダム
  1. 葉の意味・類語・言い換え

  2. ヨーグルトの種類

  3. アザラシの意味・別名・類語

  4. 人手が足りないの意味・類語・言い換え

  5. うつつを抜かすの語源・由来

  6. 文明の語源・由来

  7. 赤ワインの栄養基礎知識

  8. 7月の意味・類語・言い換え

  9. たらふくの語源・由来

  10. コンサートの語源・由来

  1. Q&AとFAQの違い・使い分け

  2. 取締役と役員と執行役員の違い

  3. 暑いと熱いの違い・使い分け

  4. レモンの語源・由来

  5. たわけ者の意味・類語・言い換え

  6. 鬼籍簿の意味・類語・言い換え

  7. 老人福祉週間の意味・類語・言い換え

  8. 数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形の由来

  9. レギュラーガソリンとハイオクの違い

  10. 寒いと冷たいの違い・使い分け

人気記事

  1. アヤメとショウブとカキツバタの違い

  2. 冷蔵と冷凍と氷温とチルドとパーシャルの違い

  3. サービスエリアとパーキングエリアの違い

  4. 筆者と著者と作者の違い・使い分け

  5. ヨガとピラティスの違い

  6. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  7. 初雪と新雪の違い

TOP