三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

三階の正しい読み方

最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は「さんがい」です。
現在でも「さんかい」という発音に違和感を持つ人は多く、ニュースなどでは「さんがい」と読まれています。

三階を「さんがい」と読む理由

一階は「いっかい」、二階は「にかい」なのに、三階だけが「がい」となるのは、日本語では「ん」の後ろが濁る傾向にあるためです。
何階も「なんかい」ではなく「なんがい」と読みます。
他にも、三杯や何杯は「さんばい」「なんばい」、三千や何千は、「さんぜん」「なんぜん」というように、「ん」の後ろは濁した発音になります。

なぜ四階は「よんがい」ではないのか

四階も「ん」の後ろに「かい」がくるので、先のルールに従えば「よんがい」と読みそうですが、「よんかい」と読みます。
四階が濁らないのは、元々の読みが「しかい」であったためです。
「し」は「死」を連想させるため、「よ」や「よん」と発音されるようになりました。
四階は「しかい」と発音していたものが変わっただけなので、「よんかい」と濁らず読まれているのです。

三回を「さんかい」、何回を「なんかい」と読む理由

三階が「さんがい」、何階が「なんがい」であれば、三回や何回も「がい」と濁るはずですが、三回は「さんかい」、何回は「なんかい」と読みます。
三回や何回が濁らない理由は、「ん」の後ろは濁るというのが、あくまでも傾向にあるというだけで、必ず濁るとは限らないためです。
傾向に沿ったのが「三階」や「何階」、傾向に沿わなかったのが「三回」や「何回」なのです。

今見られている記事 ランダム
  1. ティッシュの語源・由来

  2. イチイの語源・由来

  3. シラクチヅルの語源・由来

  4. 豆の語源・由来

  5. 正念場の語源・由来

  6. ミーハーの語源・由来

  7. 嘘も方便の語源・由来

  8. ぶどうの語源・由来

  9. 世知辛いの語源・由来

  10. ホットドッグの語源・由来

  1. 石に灸の意味・類語・言い換え

  2. ブロッコリーの種類

  3. 思うと想うの違い・使い分け

  4. パッチの意味・類語・言い換え

  5. かわいいの語源・由来

  6. そばの木の意味・別名・類語

  7. 廊下の語源・由来

  8. 忖度の意味・類語・言い換え

  9. 堂々巡りの語源・由来

  10. ナスの意味・別名・類語

人気記事

  1. 警視庁と警察庁の違い

  2. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  3. 日本酒と焼酎の違い

  4. 風邪はなぜ「かかる」ではなく「ひく」というのか

  5. 絞ると搾るの違い・使い分け

  6. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  7. 餃子の王将と大阪王将と餃子の王さまの違い

TOP