三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

三階の正しい読み方

最近は三階を「さんかい」と読む人が多くなってきましたが、歴史的に正しい読み方は「さんがい」です。
現在でも「さんかい」という発音に違和感を持つ人は多く、ニュースなどでは「さんがい」と読まれています。

三階を「さんがい」と読む理由

一階は「いっかい」、二階は「にかい」なのに、三階だけが「がい」となるのは、日本語では「ん」の後ろが濁る傾向にあるためです。
何階も「なんかい」ではなく「なんがい」と読みます。
他にも、三杯や何杯は「さんばい」「なんばい」、三千や何千は、「さんぜん」「なんぜん」というように、「ん」の後ろは濁した発音になります。

なぜ四階は「よんがい」ではないのか

四階も「ん」の後ろに「かい」がくるので、先のルールに従えば「よんがい」と読みそうですが、「よんかい」と読みます。
四階が濁らないのは、元々の読みが「しかい」であったためです。
「し」は「死」を連想させるため、「よ」や「よん」と発音されるようになりました。
四階は「しかい」と発音していたものが変わっただけなので、「よんかい」と濁らず読まれているのです。

三回を「さんかい」、何回を「なんかい」と読む理由

三階が「さんがい」、何階が「なんがい」であれば、三回や何回も「がい」と濁るはずですが、三回は「さんかい」、何回は「なんかい」と読みます。
三回や何回が濁らない理由は、「ん」の後ろは濁るというのが、あくまでも傾向にあるというだけで、必ず濁るとは限らないためです。
傾向に沿ったのが「三階」や「何階」、傾向に沿わなかったのが「三回」や「何回」なのです。

今見られている記事 ランダム
  1. タチイヌノフグリの意味・別名・類語

  2. カルビの意味・類語・言い換え

  3. モンブラン(山)の意味・別名・類語

  4. 一所懸命の意味・類語・言い換え

  5. ブナの語源・由来

  6. 「紅」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. ライラックの意味・別名・類語

  8. 図々しいの意味・類語・言い換え

  9. パンの意味・別名・類語

  10. 人手が足りないの意味・類語・言い換え

  1. 腐るの語源・由来

  2. 折衝の語源・由来

  3. 秘書の意味・類語・言い換え

  4. 几帳面の語源・由来

  5. 生い立ちの意味・類語・言い換え

  6. ゴギョウの語源・由来

  7. スペアリブの意味・別名・類語

  8. 麻婆豆腐の語源・由来

  9. 甚だしいの語源・由来

  10. ナンプラーの栄養基礎知識

人気記事

  1. 「謝罪」「陳謝」「深謝」の違い

  2. 六日の菖蒲の語源・由来

  3. 「蜃気楼」と「陽炎」の違い

  4. 顎足付きの語源・由来

  5. 「上演」と「公演」の違い

  6. おっかないの語源・由来

  7. リムジンの語源・由来

TOP