安全第一の続きと由来

安全第一の続き

工事現場や建設現場、工場などには「安全第一」というスローガン(標語)が掲げられていますが、元々は「安全第一」だけでなく、第二、第三と続きがありました。
それは、「安全第一、品質第二、生産第三」です。

安全第一の由来

「安全第一、品質第二、生産第三」というスローガンは、1906年にアメリカで生まれたものです。
1900年代初頭、アメリカは未曽有の不景気で、労働者は劣悪な環境で働かされていたため、労働災害が多発していました。
その当時、世界最大規模の製鉄会社であったUSスチールの社長エルバート・ヘンリー・ゲーリー氏は、労働者たちの苦しむ姿に心を痛めていました。
そこで、ゲーリー氏は抜本的な改革が必要と考え、周囲の反対を押し切って、それまでの「生産第一、品質第二、安全第一」という会社の経営方針を「安全第一、品質第二、生産第三」に改めたのです。
経営方針の転換によって、労働災害が減少しただけでなく、品質の改善や生産性の向上にも繋がり、USスチールはいち早く不況から脱却することができました。
そのことが「安全第一」というスローガンと共にアメリカ全土、そして世界中に広まって、日本でも、工事現場や工場などで「安全第一」と掲げられるようになったのです。

今見られている記事 ランダム
  1. 代議士と国会議員の違い

  2. 代表取締役と社長と代表取締役社長の違い

  3. 髭と鬚と髯の違い

  4. 刺身の語源・由来

  5. 手段と方法の違い・使い分け

  6. 伯母と叔母と小母の違い

  7. 節分の語源・由来

  8. 発毛と育毛と増毛と植毛の違い

  9. ひねるとねじるとよじるの違い・使い分け

  10. 目的と目標の違い・使い分け

  1. ブイヨンとコンソメと鶏ガラスープの違い

  2. 恵方参りの意味・類語・言い換え

  3. 相応しいの語源・由来

  4. 土用の語源・由来

  5. 木材の意味・類語・言い換え

  6. 芳香剤と消臭剤と脱臭剤の違い

  7. 杞憂の語源・由来

  8. コウモリの語源・由来

  9. すべての語源・由来

  10. 弘法にも筆の誤りの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  2. 関東雛と京雛の違い

  3. 干支と十二支の違い

  4. 適量と適宜の違い

  5. 若干と弱冠の違い

  6. ワシントンD.C.とワシントン州の違い

  7. 専修学校と専門学校と各種学校の違い

TOP