レンコンに穴があいている理由と穴の数

レンコンに穴があいている理由

レンコンは漢字で「蓮根」と書くため、ハスの根だと思われがちですが、レンコンはハスの地下茎です。
ハスは水生植物なので、レンコン(地下茎)は水中の泥まで伸びています。
水中にある泥は、水が蓋をしていて酸素が少ないため、茎が育つには酸素が足りない環境にあります。
そこで、ハスは葉にある小さな穴から酸素を取り入れ、水底にある茎の先まで効率よく酸素をおくるために、レンコンに大きな穴をあけているのです。
また、レンコンの穴は、水底に溜まったガスを排出する役割もしています。
つまり、レンコンの穴は、通気口の役割をしているものなのです。

レンコンの穴の数

レンコンの穴の数は、通常は8個で、岩国市で栽培されるレンコンの穴は9個といわれますが、レンコンの穴の数は様々です。
むしろ、穴の数が8個のレンコンは少なく、9~11個のものが多いです。


今見られている記事 ランダム
  1. 儲けると稼ぐの違い

  2. オリンピックの語源・由来

  3. 懐かしいの語源・由来

  4. メリハリの語源・由来

  5. 厚顔無恥の語源・由来

  6. 夏の語源・由来

  7. 止水の意味

  8. ゴシップの意味・類語・言い換え

  9. ミーハーの意味・類語・言い換え

  10. ハンチング帽とキャスケットとベレー帽の違い

  1. 桃の語源・由来

  2. 晩夏の意味・類語・言い換え

  3. ポチ袋の意味・類語・言い換え

  4. ミーハー族の意味・類語・言い換え

  5. 浅ましいの語源・由来

  6. 勘案の意味・類語・言い換え

  7. 持丸長者の意味・類語・言い換え

  8. 小額と少額の違い・使い分け

  9. 印を押すの意味・類語・言い換え

  10. 嘉辰令月の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  2. 制作と製作と作成と作製と製造の違い・使い分け

  3. コスプレと仮装と変装と扮装の違い

  4. 性格と性質の違い

  5. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  6. 旨味とうま味の違い

  7. 「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

TOP