レンコンに穴があいている理由と穴の数

レンコンに穴があいている理由

レンコンは漢字で「蓮根」と書くため、ハスの根だと思われがちですが、レンコンはハスの地下茎です。
ハスは水生植物なので、レンコン(地下茎)は水中の泥まで伸びています。
水中にある泥は、水が蓋をしていて酸素が少ないため、茎が育つには酸素が足りない環境にあります。
そこで、ハスは葉にある小さな穴から酸素を取り入れ、水底にある茎の先まで効率よく酸素をおくるために、レンコンに大きな穴をあけているのです。
また、レンコンの穴は、水底に溜まったガスを排出する役割もしています。
つまり、レンコンの穴は、通気口の役割をしているものなのです。

レンコンの穴の数

レンコンの穴の数は、通常は8個で、岩国市で栽培されるレンコンの穴は9個といわれますが、レンコンの穴の数は様々です。
むしろ、穴の数が8個のレンコンは少なく、9~11個のものが多いです。

今見られている記事 ランダム
  1. 虹の語源・由来

  2. トラウマの語源・由来

  3. ダイヤモンドの語源・由来

  4. 長崎県の語源・由来

  5. 真夏と盛夏と盛暑の違い

  6. 専修学校と専門学校と各種学校の違い

  7. 皮(革)の語源・由来

  8. 泉の語源・由来

  9. サバの語源・由来

  10. 首ったけの語源・由来

  1. 釜炒り茶の栄養基礎知識

  2. 聖樹の意味・別名・類語

  3. 南京豆の意味・別名・類語

  4. 不甲斐ないの語源・由来

  5. ミラーの意味・類語・言い換え

  6. 幸運月の意味・類語・言い換え

  7. 辞任の意味・類語・言い換え

  8. もんじゃ焼きの意味・別名・類語

  9. 首ったけの意味・類語・言い換え

  10. 妻の語源・由来

人気記事

  1. 効果と効能の違い

  2. 母体と母胎の違い

  3. 行政書士と司法書士の違い

  4. 頭と顔の境目はどこか

  5. 未熟児と低出生体重児と早産児の違い

  6. 目と眼の違い・使い分け

  7. パンプスとハイヒールの違い

TOP