緑色なのに黒板という理由

なぜ緑色なのに黒板というのか

学校制度が開始した1872年にアメリカ人のスコット氏が、東京大学の前身となる大学南校へ持ち込んだ「blackboard」が、黒板の始まりといわれています。
当初はそのまま「ブラックボード」と呼ばれていましたが、のちに直訳されて「黒板」と呼ばれるようになりました。
当時の黒板は、木の板に墨汁を塗り、その上から柿渋を塗った簡易的なもので、文字通り、黒っぽい色をしていました。

黒板の色が黒色から緑色に変わった理由

JIS規格によって、黒板が黒色から緑色に規定されたのは1954年ですが、緑色になった時期は昭和初期といわれています。
黒色から緑色になった明確な理由はわかっていませんが、黒の染料が入手しづらくなったことや、緑色は目に優しく疲れにくいこと、心を落ち着かせる心理的効果を狙ったものと考えられています。
また、黒色よりも緑色の方が光の反射を抑えられるため、緑色の黒板の方が、白いチョークの文字が見えやすくなるという効果もあります。


今見られている記事 ランダム
  1. 女房の語源・由来

  2. 雑学と豆知識の違い

  3. 事実と真実の違い

  4. 思うと想うの違い・使い分け

  5. カフェラテの語源・由来

  6. 牧師の意味・類語・言い換え

  7. あせもの語源・由来

  8. イカすの意味・類語・言い換え

  9. 紋は黒いのにモンシロチョウという理由

  10. いなたいの意味・類語・言い換え

  1. ピーナッツの意味・別名・類語

  2. 追求と追及と追究の違い・使い分け

  3. 戸籍謄本と戸籍抄本の違い

  4. カステラの語源・由来

  5. ミノの語源・由来

  6. 停戦と休戦と終戦の違い

  7. 自分の意味・類語・言い換え

  8. 時季の意味・類語・言い換え

  9. 日の丸の旗の意味・類語・言い換え

  10. 己亥の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. かけうどんと素うどんの違い

  2. お辞儀と会釈の違い

  3. 思うと考えるの違い・使い分け

  4. 上白糖とグラニュー糖と三温糖の違い

  5. ワイシャツとカッターシャツの違い

  6. ペンギンが空を飛べない理由

  7. 煩わしいと面倒と厄介の違い

TOP