風する馬牛も相及ばずの語源・由来

「風する」は、発情した獣の雌雄が互いに相手を求める意。
さかりのついた馬や牛の雌雄が互いに求めて呼び合っても、遠く離れていて会えない意味から転じて。
『春秋左氏伝』に「風する馬牛も相及ばず(発情して互いを求め合う馬や牛の雄と雌でも、会えないほど遠く隔たっている)」とある。

出典:故事ことわざ辞典

こちらもオススメ

TOP