タヌキの語源・由来

タヌキの語源には、田の怪しい動物の意味で「タノケ(田之怪)」や、田の猫で「タネコ(田猫)」に由来する説。
タヌキの皮は、手や腕を保護する「手貫(たぬき)」に利用することからという説。
死んだふりをして人を騙すところから、「ダシヌキ(出し抜き)」に由来する説。
人の魂を抜き取るところから、「タマヌキ(魂抜き)」に由来する説などあるが、有力な説は「狸寝入り」の語源ともなったタヌキの習性である。

タヌキが人を化かすという俗信は古くからあるが、これはタヌキが死んだふりをする動物と見たことによるもので、寝たふりを「狸寝入り」と言うのも、その習性に由来する。
しかし、タヌキは人を騙すために死んだふりをするのではなく、驚くと神経が異常になって仮死状態になるのである。
その状態をたまげる動物と見て、「タマヌキ(魂抜き)」の意味で「タヌキ」となったと考えられる。

出典:語源由来辞典

TOP