土砂降りの語源・由来

土砂降りの「土砂」は当て字で、土や砂が降ってきたり、跳ねたりすることを表したものではない。
「どしゃ」は、雨が激しく降って発する音や、その様子を表す擬音語「どしゃどしゃ」の「どしゃ」。
雨が激しく降る音の「ざあざあ(ざーざー)」を使って「ざあざあ降り」というように、どしゃどしゃ降ることを「どしゃ降り」という。
土砂降りの「どしゃ」は、どさくさの「どさ」に由来するといわれることもあるが、程度の低い俗説である。

出典:語源由来辞典

TOP