シオカラトンボの語源・由来

シオカラトンボは、漢字で「塩辛蜻蛉」と書くが、食品の「塩辛」との関係はない。
成熟したシオカラトンボのオスは、腹部背面が灰青色で、少量の白粉を生じており、塩が吹いているように見えることから名付けられた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. デリカの意味・類語・言い換え

  2. ビンタの意味・類語・言い換え

  3. 秘書の意味・類語・言い換え

  4. 目論見の語源・由来

  5. ごちそうの語源・由来

  6. 不思議の語源・由来

  7. バザールの語源・由来

  8. 成人式の意味・類語・言い換え

  9. 牙城の語源・由来

  10. ブリの語源・由来

  1. かつらの語源・由来

  2. 案の定の語源・由来

  3. 左遷の語源・由来

  4. 愛逢月の語源・由来

  5. 自身の意味・類語・言い換え

  6. 萩市の意味・シンボル

  7. 「拝啓」「謹啓」「前略」の違い

  8. 食品の意味・類語・言い換え

  9. でっち上げの語源・由来

  10. ドリアの種類

人気記事

  1. ポインター(犬)の語源・由来

  2. 図に乗るの語源・由来

  3. 青森県の語源・由来

  4. 「上る」「登る」「昇る」の違い

  5. 昆布茶の栄養基礎知識

  6. アブラギリの語源・由来

  7. エンゲル係数の語源・由来

TOP