ハマユウの語源・由来

ハマユウは、浜辺に自生し、花が「ゆう(木綿)」を垂らしているように見えることからの名。
「ゆう(木綿)」とは、コウゾの皮を細かく裂いて麻の糸のようにしたもののことで、主に幣(ぬさ)として神事の際に榊にかけて垂らす。
浜木綿の「木綿」は「もめん」のことではないので、「ハマモメン」と読むのは間違いである。

出典:ハマユウ – 語源由来辞典

TOP