大津市の語源・由来

「津」は「渡船場」「港」を意味する語で、大津は「大きな港」「主要な港」を表す。
物資を中継する琵琶湖の主要な港であったことに由来する地名である。

667年、天智天皇が近江に遷都し「近江大津宮」と称した。
その後、近江大津宮は廃絶したため「古津(ふるつ)」と呼ばれるようになったが、平安京遷都を機に「大津」に復した。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. いびきの語源・由来

  2. レモンの語源・由来

  3. 朝三暮四の語源・由来

  4. いにしえの意味・類語・言い換え

  5. ナズナの意味・別名・類語

  6. 台所の語源・由来

  7. モズの意味・別名・類語

  8. マナティの意味・類語・言い換え

  9. 束の間の語源・由来

  10. ノウゼンカズラの語源・由来

  1. クラシックの語源・由来

  2. マヨネーズの栄養基礎知識

  3. 足を洗うの語源・由来

  4. 小春日和の意味・類語・言い換え

  5. きんつばの意味・別名・類語

  6. タブーの語源・由来

  7. 「青ピーマン(緑ピーマン)」と「赤ピーマン」の違い

  8. 「古本」と「古書」の違い

  9. メロンの語源・由来

  10. 合点の語源・由来

人気記事

  1. 唯々諾々の語源・由来

  2. 「山」と「丘」の違い

  3. 「鏡開き」「鏡割り」「鏡抜き」の違い

  4. 綾瀬市の語源・由来

  5. つぶ貝の栄養基礎知識

  6. 牛タンの栄養基礎知識

  7. 「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」の違い

TOP