大津市の語源・由来

「津」は「渡船場」「港」を意味する語で、大津は「大きな港」「主要な港」を表す。
物資を中継する琵琶湖の主要な港であったことに由来する地名である。

667年、天智天皇が近江に遷都し「近江大津宮」と称した。
その後、近江大津宮は廃絶したため「古津(ふるつ)」と呼ばれるようになったが、平安京遷都を機に「大津」に復した。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 相模原市の語源・由来

  2. 果物の意味・類語・言い換え

  3. ちゃぶ台の意味・類語・言い換え

  4. 「一般職」と「総合職」の違い

  5. オノマトペの意味・類語・言い換え

  6. 岐阜県の市町村名一覧

  7. ハイビスカスの語源・由来

  8. 秘書の語源・由来

  9. 市松人形の語源・由来

  10. キリンの語源・由来

  1. 「定規」と「ものさし」の違い

  2. 水引の語源・由来

  3. ガリの語源・由来

  4. 台風の語源・由来

  5. 自動車保険の意味・類語・言い換え

  6. ユキノシタの意味・別名・類語

  7. マンネリの語源・由来

  8. おまじないの語源・由来

  9. ハレンチの語源・由来

  10. ドンファンの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. おかげさまの語源・由来

  2. ライチの栄養基礎知識

  3. なますの語源・由来

  4. 二の句が継げないの語源・由来

  5. 膝の語源・由来

  6. 羊頭狗肉の語源・由来

  7. 経済の語源・由来

TOP