松山市の語源・由来

松山は、慶長8年(1603年)、加藤嘉明が勝山に城を築いて移転した際に命名された地名。
加藤嘉明が「松山」という名前にした由来には、長寿のシンボルである松のイメージにあやかった瑞祥地名。
勝山を「松の木のある丘」とした名。
徳川家康の姓である「松」をもらい、「勝山」を「松山」に改めたなどの説がある。

出典:語源由来辞典

TOP