ユートピアの語源・由来

ユートピアは、トマス=モーアの社会啓蒙書『Utopia』(1516年)に由来する語。
Utopiaはトマス=モーアの造語で、ギリシャ語の「ou(否定)」と「topos(場所)」で「存在しない場所」の意味と訳される。
また、「ou」の部分は「eu(良い)」とも掛かっており、「どこにも存在しない良い場所」の意味とも解釈されている。

この書は「ユートピア」という架空の理想国を見聞するという形で、当時のイギリス社会を批判した作品である。
そこから、どこにも存在しない理想的な世界を「ユートピア」と言うようになった。
『Utopia(ユートピア)』は略されたもので、正式な題名は『社会の最善政体について、そしてユートピア新島についての楽しさに劣らず有益な黄金の小著』という。

出典:語源由来辞典

TOP