タンチョウの語源・由来

丹頂の「丹」は「赤」の意味で、頭頂部の皮膚が露出し、鶏冠のように赤いところからの命名。
この種が「タンチョウ」と呼ばれるようになったのは、江戸時代に入ってからである。
奈良時代には、他のツルと区別されておらず、単に「たづ(鶴の古名)」や「つる」と呼ばれていた。
特に「しろたづ」や「しろつる」と呼ばれたのはタンチョウであったが、ソデグロヅルも含まれていたと考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. さもしいの語源・由来

  2. 割を食うの語源・由来

  3. メバチの語源・由来

  4. 重要文化財の意味・類語・言い換え

  5. あんころ餅の語源・由来

  6. たんこぶの語源・由来

  7. タイマンの語源・由来

  8. 尊家の意味・類語・言い換え

  9. 単刀直入の語源・由来

  10. 五右衛門風呂の語源・由来

  1. ぶりっ子の語源・由来

  2. 腹違いの意味

  3. グッドバイの語源・由来

  4. 苅田町の意味・シンボル

  5. 「大雨」と「豪雨」の違い

  6. 置いてけぼりの語源・由来

  7. 午年の意味・類語・言い換え

  8. コンビーフの語源・由来

  9. 布団の語源・由来

  10. イトヤナギの意味・別名・類語

人気記事

  1. プリンの語源・由来

  2. 膿の語源・由来

  3. 群馬県の語源・由来

  4. 山形県の語源・由来

  5. オシドリの語源・由来

  6. あみだくじの語源・由来

  7. 甚平の語源・由来

TOP