雰囲気の語源・由来

「雰囲気」は幕末の蘭学書に見える語で、オランダ語「Lucht」の訳語として、地球を取り巻く気体を意味する言葉であった。
明治初期に英語「atmosphere」の訳語となり、明治末期頃から意味が抽象化して、その場に漂う気分の意味に転じて定着した。

出典:語源由来辞典

TOP