小田原評定の語源・由来

小田原は相模国小田原城(現在の神奈川県小田原市)、評定は集まって相談すること。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉が北条氏の小田原城を攻めた際、城中では戦うべきか和睦すべきか議論したが、意見が分かれてなかなか決定しなかったという故事から、いつまで経っても決まらない相談や会議を「小田原評定」というようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スポーツの意味・類語・言い換え

  2. 宇都宮市の語源・由来

  3. 時化の意味・類語・言い換え

  4. 喉仏の意味・別名・類語

  5. 香川県の語源・由来

  6. 噂の意味・類語・言い換え

  7. 上野村の語源・由来

  8. ポチ袋の語源・由来

  9. 格好の語源・由来

  10. 百八の鐘の意味・類語・言い換え

  1. 爪楊枝の意味・別名・類語

  2. 指の語源・由来

  3. 月々の意味・類語・言い換え

  4. サイダーの語源・由来

  5. 「火事」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. セントバーナードの語源・由来

  7. 日の旗の意味・類語・言い換え

  8. キャラウェイの意味・別名・類語

  9. にんにくの栄養基礎知識

  10. 橘月の意味・異名・類語

人気記事

  1. よしずの語源・由来

  2. サニーレタスの栄養基礎知識

  3. あげつらうの語源・由来

  4. 一言居士の語源・由来

  5. イトヤナギの語源・由来

  6. 万年筆の語源・由来

  7. モルヒネの語源・由来

TOP