うんちくの語源・由来

「蘊(薀)」も「蓄」も「たくわえる」を意味する。
19世紀前半には「蘊蓄し」のように「する」を付けて用いられ、知識に限らず「蓄える」の意味で「うんちく」は用いられた。
「蘊蓄を傾ける」「蘊蓄を傾注する」など、蓄えた知識を出す意味での使用が多くなったのは、19世紀後半からである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. カイツブリの語源・由来

  2. リベラリズムの意味・類語・言い換え

  3. かかとの語源・由来

  4. スベリヒユの語源・由来

  5. 一粒万倍日の意味・類語・言い換え

  6. 顛末の語源・由来

  7. 「校正」と「校閲」の違い

  8. 「定価」「希望小売価格」「オープン価格」の違い

  9. 商いの語源・由来

  10. ハナミズキの語源・由来

  1. 萩市の語源・由来

  2. ちやほやの語源・由来

  3. 退屈の語源・由来

  4. 大福の種類

  5. ただいまの語源・由来

  6. ワイシャツの語源・由来

  7. 「狐」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 手塩にかけるの意味・類語・言い換え

  9. 丁字路(T字路)の語源・由来

  10. 胃の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「飛行機」と「航空機」の違い

  2. ネオンの語源・由来

  3. 東大阪市の語源・由来

  4. 雑煮の語源・由来

  5. 「うなぎ」と「あなご」の違い

  6. 夢の語源・由来

  7. 杜撰の語源・由来

TOP