うんちくの語源・由来

「蘊(薀)」も「蓄」も「たくわえる」を意味する。
19世紀前半には「蘊蓄し」のように「する」を付けて用いられ、知識に限らず「蓄える」の意味で「うんちく」は用いられた。
「蘊蓄を傾ける」「蘊蓄を傾注する」など、蓄えた知識を出す意味での使用が多くなったのは、19世紀後半からである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. すべての語源・由来

  2. 鱗の語源・由来

  3. さやいんげんの栄養基礎知識

  4. やぶへびの語源・由来

  5. エテ公の語源・由来

  6. ロンパリの語源・由来

  7. 富山県の語源・由来

  8. 滑稽の語源・由来

  9. 束の間の語源・由来

  10. 床屋と美容室の違い

  1. 横綱の語源・由来

  2. 生かすと活かすの違い・使い分け

  3. 腑に落ちないの語源・由来

  4. 寒心の意味・類語・言い換え

  5. 辞任と辞職と退任と退職の違い・使い分け

  6. 根掘り葉掘りの語源・由来

  7. ブートレグの語源・由来

  8. セミの意味・別名・類語

  9. 天気の意味・類語・言い換え

  10. ダイエットの語源・由来

人気記事

  1. 盛り蕎麦とざる蕎麦とせいろ蕎麦の違い

  2. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  3. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  4. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  5. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  6. 共同と協同と協働の違い・使い分け

  7. 夕焼けと夕暮れの違い

TOP