マジの語源・由来

マジは「真面目」の略で、洒落本『にゃんの事だ』(1781年)の「気の毒そふなかほ付にてまじになり」の例が古い。
江戸時代には主に芸人の楽屋言葉として使用されたが、1980年代に若者言葉として流行し、マジに「本気」や「真剣」などの漢字も当られるようになった。
1980年代に「マジ」が流行したのは、日本社会において「真面目」が崩壊したことで、軽薄な言い方で「真面目」を表す言葉が必要になったものと考えられる。
この流行以降、「マジバナ(本当の話)」「マジギレ(本気で切れる)」「マジ顔(真剣な表情)」など、「マジ〜」の形の語も多く作られた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハスの語源・由来

  2. ミントの語源・由来

  3. ニシンの意味・別名・類語

  4. ガーネットの語源・由来

  5. 「秘密」「内緒」「内密」の違い

  6. 相模原市の意味・シンボル

  7. フクロウの意味・別名・類語

  8. 法令遵守の意味・類語・言い換え

  9. 「梅」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 日野市の語源・由来

  1. カラットの意味・類語・言い換え

  2. 雨の語源・由来

  3. 回答の意味・類語・言い換え

  4. 「住めば都」と「住まば都」の違い

  5. 竜田揚げの語源・由来

  6. とうもろこしの意味・別名・類語

  7. 初社の意味・類語・言い換え

  8. サギの語源・由来

  9. ブナの意味・別名・類語

  10. 鰯の頭も信心からの語源・由来

人気記事

  1. 婿の語源・由来

  2. 正月の語源・由来

  3. 厚顔無恥の語源・由来

  4. ライスの語源・由来

  5. オトギリソウの語源・由来

  6. 牛に経文の語源・由来

  7. 「金管楽器」と「木管楽器」の違い

TOP