真っ向の語源・由来

真っ向は「まむかふ(真向かう)」の音便化と考えるのが普通だが、「真っ向」は当て字で、「抹額(まっかく)」の音変化とする説もある。
抹額とは、古代、冠や烏帽子の動揺を防ぐため、へりに紅の絹ではちまきをして後ろで結んだもので、「まっかく」から「まっかう」「まっこう」と音変化している。
真っ向は「額の真ん中」や「兜の鉢の前面部」の意味で使われており、そこから「真正面」を意味するようになった。
「真っ向」と「抹額」は同じ音で、ともに頭の鉢に関連する語のため結び付けられた説だが、鉢の全体を覆うはちまき状のものが、「真ん中」や「前面」を表すようになったという点で疑問が残る。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 雪隠詰めの意味・類語・言い換え

  2. 虫の知らせの語源・由来

  3. 押印の意味・類語・言い換え

  4. 「オセロ」と「リバーシ」の違い

  5. 緑黄色野菜の栄養基礎知識

  6. おやじの語源・由来

  7. 鉢合わせの語源・由来

  8. うたの語源・由来

  9. 「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

  10. ヤマカガシの意味・別名・類語

  1. ケヤキの意味・別名・類語

  2. 「石」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. ギャングの語源・由来

  4. 辛抱の語源・由来

  5. 奥様の語源・由来

  6. かっぱ巻きの語源・由来

  7. お茶を濁すの意味・類語・言い換え

  8. メリヤスの語源・由来

  9. 道具の意味・類語・言い換え

  10. ゴキブリの意味・別名・類語

人気記事

  1. いけ好かないの語源・由来

  2. 「恋」と「愛」の違い

  3. 正月の語源・由来

  4. 「OCR」と「OMR」の違い

  5. 「効果」と「効能」の違い

  6. カンガルーの語源・由来

  7. すずなの語源・由来

TOP