堪能の語源・由来

漢字の「堪能」は本来「かんのう」と読む漢語で、和語の「たんのう」に当てた当て字である。
「料理を堪能する」など十分に満足することの意味は、和語の「たんのう」からだが、「英語に堪能だ」など優れていることの意味は、十分の意味が派生したのではなく、「堪能(かんのう)」の意味からで、この言葉は意味によって由来が異なる。

和語の「たんのう」は、満足する意味の動詞「足る」に完了の助動詞「ぬ」がついた「足りぬ」の音便形「足んぬ」が転じた語。
「たんぬ(する)」の形で用いられ、江戸時代に「たんの(する)」「たんの(がる)」となり、長音化して「たんのう(する)」となった。
十分に満ち足りる意味から、満足することのほか、気の済むことや納得することの意味でも用いられた。

江戸時代には、「たんのう」に「胆納」「湛納」「堪納」などの漢字も当てられたが、最終的に「堪能」で定着した。
「堪能(かんのう)」は、元々「よくものに堪える能力」を意味した仏教語で、転じて、技芸や学問に習熟しているさまを意味する。
「堪」の漢字に「タン」の音はないが、「湛」に「タン」の音があることから混同し、誤用で「堪能」の字が当てられたことで、「たんのう」に優れていることの意味が含まれるようになった。
この誤りを正すためか、明治時代の辞書の中には、「たんのう」と読める「湛能」の漢字表記をしているものもある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「鷹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. ユーカリの語源・由来

  3. 普段の語源・由来

  4. なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

  5. 昨日の語源・由来

  6. 喜寿の意味・類語・言い換え

  7. 山形市の語源・由来

  8. はたちの意味・類語・言い換え

  9. 「降水量」と「降雨量」の違い

  10. 横紙破りの意味・類語・言い換え

  1. 無頓着の意味・類語・言い換え

  2. 阿呆の意味・類語・言い換え

  3. 玄米の栄養基礎知識

  4. 赤村の語源・由来

  5. 「材料」「原料」「原材料」「素材」「資材」の違い

  6. 竜の語源・由来

  7. 遠慮の語源・由来

  8. 女の語源・由来

  9. 「骨」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 丁寧の語源・由来

人気記事

  1. 梁山泊の語源・由来

  2. 定石(定跡)の語源・由来

  3. 笛の語源・由来

  4. ライ麦の語源・由来

  5. ちゃらんぽらんの語源・由来

  6. 保障の語源・由来

  7. せこいの語源・由来

TOP