料理の語源・由来

「物事をうまく処理すること」が本来の「料理」の意味に近い。
漢字の「料」は、「米」と「斗」を合わせた「計る」という意味を持つ字、「理」は「おさめる」といった意味で、「物事を適当に処置する」「世話をする」などを意味する漢語であった。
日本でもこのような意味で「料理」が使用された例はあるが、かなり早くから現在の意味に転じて用いられるようになった。
中国でも食べ物をこしらえる意味で使われているため、その影響が強かった可能性もある。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 天気と天候と気候と気象の違い・使い分け

  2. 病院の意味・類語・言い換え

  3. 辻自動車の意味・別名・類語

  4. スポーツの語源・由来

  5. 体と身体の違い・使い分け

  6. チョコレートの意味・別名・類語

  7. 軍艦巻きの語源・由来

  8. 看病と看護と介抱の違い・使い分け

  9. 通常逮捕と緊急逮捕と現行犯逮捕の違い

  10. ヤモリの意味・別名・類語

  1. あんころ餅の意味・類語・言い換え

  2. 恵方詣での意味・類語・言い換え

  3. 戸惑いの意味・類語・言い換え

  4. クッキーの意味・類語・言い換え

  5. 生半可の意味・類語・言い換え

  6. ドキドキとワクワクとハラハラの違い・使い分け

  7. 大山(たいざん)の意味・類語・言い換え

  8. 餞別の意味・類語・言い換え

  9. スケッチブックの意味・類語・言い換え

  10. 日本の意味・別名・類語

人気記事

  1. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  2. アシカとアザラシとセイウチの違い

  3. 伯母と叔母と小母の違い

  4. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  5. ピーナッツと落花生と南京豆の違い

  6. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い・使い分け

  7. トナカイと鹿の違い・見分け方

TOP