料理の語源・由来

「物事をうまく処理すること」が本来の「料理」の意味に近い。
漢字の「料」は、「米」と「斗」を合わせた「計る」という意味を持つ字、「理」は「おさめる」といった意味で、「物事を適当に処置する」「世話をする」などを意味する漢語であった。
日本でもこのような意味で「料理」が使用された例はあるが、かなり早くから現在の意味に転じて用いられるようになった。
中国でも食べ物をこしらえる意味で使われているため、その影響が強かった可能性もある。

出典:語源由来辞典

TOP